東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

読まない本

f:id:bearpond:20190723233108j:plain

雨が降ってきそうな空の中、スーパーの地下で食料を買って、

ぶらっと本屋の前を歩いていたら、黒色の気になる装丁の本が目にはいった。

つや消しの黒に何かイラストが描いてあって、文字の形も、いい感じ。

文字はたぶん、マウスで描いていると思う。

自分もマウスで描くと、線が球形の連続がつながったような線になるのだ。

だから、これもきっとテデマウスで描いたに違いない。そこも親近感がわく。

そして、その絵。

不安な暗い絵がとても良い。日本人のイラストレータの名前だったが、忘れた。

本のカバーを開けてみたら、中の本体の絵は、同じ絵だが、濃いブルーグレー調の絵になっていた、その色も、とてもニアンスがあってステキであった。

あまりステキな装丁の本に出合う機会はすくない。

申し訳ないが内容には、ほとんど興味ないが、

読まないけど、いつか読むかもしれないけど、

こういう本選びも、あって良いのでは?

明日、この本、買いに行こう。

手元に置いておきたい。

買って、見えるところに、ただ並べておこう。

f:id:bearpond:20190723233924j:plain