東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

失敗買物には理由(わけ)がある。

失敗の買物、さいきん、すごく多いです。

でも、ZOZOって返品できるのを最近知ったので、買ってしまっても返品しちゃえ〜って(送料かかるが)思うと、つい,買ってしまうのが失敗のもと。

最近の失敗アイテム

ファーモカシンシューズ

f:id:bearpond:20191217014826j:plain

安もの買いの後悔。返品!

セールで¥¥3025円なり。もちろん自分が大嫌いなフェクファー!何で買っちゃったんだろう・・・じつは、足に魚の目ができちゃって、ふっかふかの靴が欲しかった!と言う理由で買っちゃったのです。写真だとすごく楽そう〜って思わない?

でも、やっぱり、偽物=フェイクファーは、どうしても受け入れられない。実物はスエードが妙に光沢があって、偽物感がハンパない。自分が情けなくなる(オーバーだがほんと)。それに、思ったより靴底がふっかふかじゃないのですヨこれ、固い。あ〜何で買ったのか?で、返品します。

値段が高い靴って、重かったりする。重量ね。しっかり作るから重くなる。とくに日本製は。だから、つい軽い安物を買ってしまうというミス。

 

ウール混ツイードベスト

f:id:bearpond:20191217015825j:plain

f:id:bearpond:20191217015930j:plain

¥4997円のウール混ツードベスト。返品決定。これもミスった。写真だといい感じに映ってるが、超超ペラペラの生地で縫製もあま〜くポリ独特の人工的な渇いた質感。自分として大ミスのポリエステル65%アクリル15%ウール10%レーヨン10%という、大失敗の混合率! あ〜、いつもポリエステルの混紡率を気にして買物してるのに、見落とした。なんで買ったのだろう?? 本物のウールのツイードとは比べ物にならない生地の薄さと触感。「やすいものにはわけがある」だ。

 

ボディーを鍛えれば服は安物でOK_?

↑そのとーり!・・・なんですが、安物の服=ポリエステル=フェイクという連鎖になるので、自分が悲しくなる。

安い、高い、で判断しないで、「自然素材=本物」を着る、ということを忘れないように。 素材で服を選べば、自然と安物には目がいかなくなるけどお財布は大変。鍛えたボディーには何着てもシルエットはステキに見えるが、+本物でさらに良い感じになると思う。これで完璧じゃないでしょうか?