おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

裏の感染ルートは公表できない

f:id:bearpond:20200416173457j:plain


思ってた通り、夜の繁華街での感染が、不明な感染、、ということで多くなって来た。

キャミソールドレスのネェちゃんの肩や腰に手を回したり握ったり、キスなんかしちゃったり、そういう場所で移らないわけないって。あ、その彼女たちが感染してるってのじゃなくって、いろんな客が3、3時間おきに同じ席にすわったり、酒のせいでひんぱんにトイレ行ったりで、店のクリーニングが間に合わないってこと。客同士もみんな近いしね。

永寿病院の感染は、最初の頃の屋形船の人が入院したから、らしいとニュースで言っていた。しかし、簡単に移ってしまう。あの頃はそんなに緊急な感じじゃなかたからか?

 

夜の繁華街に遊びに出てる奴らって、想像力が無いのか危機感が無いのか、この時期にそんな場所に遊びに行くな!っておもわない??

もっと突っ込んで言うと、昔のトルコね、今のソープランドでの感染情報って、いっさい公になってないよね?これ、なにか情報操作してると思わない?

というか、テレビでは言えないのか、まさか、ソープで一人も感染してないわけない、と思わない?

パチンコ同様、言えないんだよ、セックス産業って。裏にヤーさんたちの陰があるから。。。だから「感染場所不明・・・」ってことになる。

最近、大学生に感染が多いのは、ちょうど卒業シーズンで飲み会にコンパに、あたりまえに接触が多い催しを、この時期なのにひんぱんにやってるから。

カラオケで騒ぐものそのひとつで、カラオケの部屋ってすごい換気悪いからね、自分もカラオケ大好きだけど、ひとりカラオケでもあの部屋にずっといると空気が淀んでいるのがよくわかる。狭いしタバコも吸えるから、最悪の部屋。

それに、カラオケってのは、かなり若いバイトが働いてて、ウィルスの情報や除菌の意識は低いと思う。それに、ツルツルした機器が多いので、前に部屋を使ってた人の消毒が完全じゃない場合もあると思うよ。これは店のバイト見てると、「?」って思うヤツばっかりだもの。

こうやって、細かく分析するべきだよ。ニューヨークなんかは日本とは比べ物にならないくらいの遊び場がたくさんあって、そう言う意味で、分析はむずかしいって気がする。

日本の有利な点は、日本人の行動って、ほぼ、誰もが想像できるということ。

どんな年代がどんな遊びが好きで、とか、ほぼわかるのはすごく利点だと思う。これは同じような生活の人がほとんどだから、それにヨーロッパのように地続きじゃないし、国土が狭いから、北海道の人も沖縄の人も、趣味や生活がまったくちがうことも少ない。

でも、ニューヨークは大観光地だし、ぶっとんでるから、そもそも分析するのは無理。だから、感染のもとをたどるのがむずかしいのが残念だ。

自分は希望的な(軽視はしないが希望をもちたい!、という気持、そうじゃないと絶望的になっちゃう)予測をもちたい。

つぶれる店、閉店する店、借金地獄になる店、それと同時に職が無くなる人々、、、これは感染する、またはさせる、のと仕事や店や会社が無くなるのと、どっちを取るか・・ということになってるので悩んでる店も多い。

ツイッターなどをみてると、先週など普通に土曜にイベントやったりしてる店がある。ゲイバーだが、さすがに昨日あたりから14日までお休みします、、という店が増えて来た。ちょっと遅い。日銭は大事、でも、危険をさけるのはもっと大事。

せめて1ヶ月間、店を閉店、会社も時間を短くして、感染を少なくさせることが、まず大事だと思う。我慢する日程がわかっていれば希望が持てると言うもの。

そこまで耐えてれば、ニューヨークのようにはならずに落ち着くと思う。そのあとは希望が出るので、気持的に商売も前向きに思えるのじゃないだろうか? いま日銭を稼ぐのに客を集めることは、意識の低い奴らに感染をお持ち帰りさせ、ただ何も解決しないでウィルスを長引かせるだけだ。