おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

風呂には入らないシャワーも浴びない「台所風呂」

f:id:bearpond:20200421221029j:plain

お出かけ着なんてとうぶん必要ない。今は普段着だけでずーっと生活できる。買ってほとんど来てない春夏物の服はタンスの肥やしになる。


部屋にずーっといるのは全然苦じゃない。

ある健康テレビで、5分は日光浴を紫外線を手のひらに浴びるだけでも良い効果がある、なんて 言ってたけど、そんなことすらしない毎日。

昔からトレーニングはマシンを買って部屋でやっていたのでダンベルさえあれば充分鍛えられる。そう!よくみる外国の映画にあるような刑務所にいるみたい。外に出るのは中庭で日光浴だけ、とかいうシーン。それも全く苦にならない性格。

実は、数ヶ月まえに風呂の水道が漏れて修理したのだけど、それでも蛇口から少し水が漏れた。漏れたり漏れなかったりしたので、もう古い水道だから今度壊れたら大変な工事になっちゃうと工事人に言われたので、修理した日から使うのをやめた。だからずーっとお風呂場は物置のような状態。

それ以降は、ジムのお風呂にかよっていた。時期はもちろんウィルスが流行るずっとまえ。そしたら最近、ジムが閉鎖になったので、今は台所で体を洗っている。これだけ聞くと昔の風呂なし3畳に住んでる貧乏浪人生みたいだ。

実際、昔々、大学生のころ、風呂なしの物件に住んでたことがある。その時は台所で体を洗っていたっけ。漫画のように流しの上に上がって湯船がわりにしてる、、、なんてのは漫画だけ。台所で体を洗うってのは正確にはタオルで体を拭く、と言うことだ。

そんなことじゃキレイにならないんじゃないの?? と自分も思っていたけど、実際シャワーでずーと出しっ放しにして浴びるのも、タオルで体を拭くのも、それほど変わらないと言うのが実感だ。拭くといってもボディーシャンプーを泡だてたタオルを使用し、仕上げはお湯で拭くといった工程を踏む職人技である。シャワーや湯船はたくさんの水を体に浴びた快感はあるが、それだけの違いである。

これは新たな発見だ。湯船はリラックス効果と体を温める効果があるので充分のその効果は大事だけど、体の汚れを落とす目的だったら丁寧に拭くだけで充分である。

と、ここまで書いて思った。

病気で風呂が無理な場合に看護師さんが体を拭いてくれる。本来、あれで充分ってことじゃないかな? リラックス効果を期待するならバスタイムという優雅なジャンルが必要だけど、爪が伸びたら切るように体の汚れはとりあえず落ちれば充分だ。

「台所風呂」と名前をつけることにする。これはとっても短時間で済んで体が冷えることもなく、途中に寒風摩擦のような動作を入れ背中を温湯摩擦マッサージしたり、足をストレッチの姿勢にしながら拭いたりとプラスアルファを入れるプロ並みの「台所風呂だ。

f:id:bearpond:20200413163308p:plain

頭は体より流しにお辞儀する格好で簡単に洗える。もちろん短髪以下のヘアスタイルじゃないと面倒だが。