おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

無料は問題だらけ

f:id:bearpond:20200605205053j:plain

東京は感染者が2、30人を行ったり来たりである。今、新宿界隈、歌舞伎町で、それもホストクラブの従業員や客が何割かを占めてる。感染場所が不明という人も、だだ言えないだけで飲み屋か性風俗であろうと想像できる。そういう遊びで感染が判明したということは感染を感じたり熱が出たりでPCR検査をした、ということで結局は病院や医療従事者の手数を増やし世話になるのだ。勝手に羽目を外して不特定多数と遊んで感染し感染させて医療を切迫させる。

東京都知事が「夜の街での感染が多くて、、、」とか「歌舞伎町で、ホストクラブや・・・」と言っていることに対して、テレビのコメンテーターたちは不満を言っている。新宿でも歌舞伎町でも真面目にやってる店もあるので言い方が不明瞭だ、、、と。真面目ってなんでしょう??

では言いわせてもらう。歌舞伎町や風俗街に、なんでわざわざ普通の飯屋、居酒屋、などといった店を出店させる? たとえジイさんの代から歌舞伎町で営業してる店でも、歌舞伎町は50年前から屈指の歓楽街=性欲、快楽を商売にした街である。なんでそんな場所で営業している?=なぜなら、風俗に行く客が最初に食事し、ちょい飲みし、腹ごしらえするのに寄るから、集客が望めるからそこに店を出したのだ。 または飲んだ帰りにちょい飲みしに寄る、つまり界隈の飲食店は全て風俗店の恩恵に預かっていると言うことなのだ。

新宿東口から相当に離れた歌舞伎町へわざわざ焼き鳥を食いに行かない。焼き鳥を食って少し酔っぱらって風俗に若いねーちゃんを口説きに行く目的のついでに焼き鳥屋に行くだけ。または呼び込みに誘われてビール1本で10万請求されATMまで付いてこられて金をむしり取られたなんて話はしょっちゅう聞く。暴力バーもまだあるだろう。こう言った懲りない連中が遊ぶ街が歌舞伎町でしょう。

小池さんにはテレビや公には言えないことがある。それは歌舞伎町はヤクザの街でもあるからだ。風俗店は大体がヤクザの経営であることが多い。昔のヤクザではありません、経済ヤクザです。株式会社ヤクザです。

女の子のいる店はそう言った裏事情があるので、東京都は素人さんの店と同じように扱えない、扱ったら、ヤクザの資金源になるわけです。はっきり聞いたわけじゃないが、こう言ったエゲツない店をこの期に潰したいと言う思惑も多分にあるはずです。

今でも店内でエゲツないことをやってる店などは脱法で営業してるわけです。パチンコ屋が景品で現金化するのと同じ、「見て見ぬ振り」です。だから歌舞伎町を仕切るのは、相当難しいのです。(東京生まれの小学生の時から新宿が遊び場だった自分が言うのだから大体はあってます。)なので、他の繁華街の問題とは全くレベルが違う難しい問題なのです。

小池さんが言葉を濁すのは、こう言った背景もあるのです。

風俗系のバーなどの経営者、銀座のクラブの経営者が、「政府や東京都の保障がないので休めない!」「仕方なく営業するしかない」と言っているのを聞く。

これに対して一般納税者から言わせてもらおう。

「冗談じゃない!」援助とは快楽の場を助けるものじゃない。営業許可があるから援助できるだろう?とか、税金を払ってるから援助が当たり前だ?とか言うのなら、それは一般国民が不満に思うだろう。もし「保障がないので仕方なく営業するしかない」と言うことなら、店のほうへ規制するのじゃなく客に罰則をつけるしかない。我々の血と汗の税金を、なんでキャバクラやガールズバーやホストクラブや銀座の高級クラブなどのくだらない店のために税金を使わなくてはいけないのだ?不公平だと言いたいのはこっちである。

 

SNSについて

SNSツイッターの書き込みの誹謗中傷で自殺者が出たと、今また問題になっている。書き込みした連中に言うことは山ほどあるが、その昔は今のようにソーシャルネットワークとか言ったハイカラな名前で、いかにも優良ソフトのような言葉では言わなかった。過去は2チャンネルのようなマニアックな場所で一部の人が炎上させていた。そんな掲示板はツイッターのように堂々と人に言えるような場所じゃなかった。

掲示板ブームが終わって何年も経っても人の心は全く変わっていない。同じ意識の連中が単に新しいツール、ツイッターに移動しただけだ。

ツイッターを使うか、使い続けるか、ここでやめてふみ止まる意識がある人と、そうでない人に分かれる。

ツイッターは飲食や店の宣伝に使う人が多数いる。簡単に画像やリアルタイムで状況がアップできるので店の営業には良いツールである。他に役所もツイッターで災害情報などを瞬時に流すが、その便利さは絶対必要なものだろうか? なぜなら、その便利さが誹謗中傷するくだらない連中に餌を与えてるようなものだから。

過激な批判書き込みによって自殺者を出したり追い込むような行為で生活を脅かしたりする加害者が裏にはたくさんいて、裁判にかけようと思っても謝罪を期待しても無理である。それらを含めて、今回言いたいことは、SNSをやるならそのくらいの危険を知らないとおかしいし、他人を性善説で考えてるなら愚かだ。それをわかってかわからないでか、普通の人は、なぜ無料で不特定多数が使えて書き込めてしまう危険なツールで何かをしようとするのか?

書込み相手に対して被害がどうのとか怖いとか頭にくるとか、そんなことが嫌なら、簡単なこと、ツイッターを今すぐやめればいいだけのことだ。

今回マスコミで問題になった芸能人は、ツイターをやめると言う選択肢がなかったのか、芸能活動をリセットして全てのネット環境を閉め、音信不通にし自分の命をもってどこかへ逃げて欲しかった。

第1の問題

ツイッターは無料であることが大問題。無料だと子供から大人までスマートフォンを契約してる誰でもが簡単に登録でき、使える。無料だから態度がでかくなって何でも言える。対策としては有料にすれば自由度が落ち投稿にも気をつける。

第2の問題

匿名で何個もアカウントが取れること。これでは「どんどん勝手に悪口を言ってね!」と言ってるようなものである。連続投稿5回で12時間投稿できなくするか表示速度を落とすなどの工夫が必要。

ラインもタダだが拡散率が低いのでほっとくが、ツイッターの問題は、使う方も、悪意のある書き込みをする連中も、ツイッター社も、全てが問題である。即、無くすべきである。