おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

終戦の夢

f:id:bearpond:20200809235210j:plain

f:id:bearpond:20200809225209j:plain

f:id:bearpond:20200809225217j:plain


 9日の朝方、夢を見た。普段は夢なんか目覚めてからあっという間に忘れてしまうのだが、今回はいつまで経っても忘れてくれずにいた。なんとも気分の悪い夢であった。

 よく見なれた新宿駅地下通路で、数人の団体が親分を先頭に威嚇をして真ん中を歩いている。 半袖の開襟シャツに血がにじみ、傘を持って腹を刺して自殺する男を、改札の外の大勢が見ている。自分は通路の中にいて逃げたいが、目立ってしまうので動けない。そーっと柵を越え裏から改札を出てタクシーを捕まえて乗った。

 タクシーは六本木あたりを走り始めどこかわからない都心を走っていた。運転手がいつの間にか後部に来て、もう一人書類をたくさん持った親父が、エロ写真を見ないか?とガサツに書類を差し出した。 警官2人とすれ違ったが怪しまれないように過ごした。鉄の門の中に侵入し、坂の先は沼になっていて車ごと沈めようとしているので、屋根を破って逃げ出した・・・

 インドネシアでバスの中が火事であった。消火ホースで消し、消防事務所の前にホースを投げ出す。ホースの先端には[ xxx 5K ]と文字が刻印されていた。


今日(昨日)1945年(昭和20年)8月9日午前11時02分に長崎に原爆が落とされた。

1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分に広島に最初に原爆が落とされた。

 昭和20年8月15日に終戦を迎えるのだが、昭和20年というのは自分にとってそれほど遠い昔ではない。生まれる12年前だからだ。その頃には世の中は戦後の様を呈してない時代になっていただろう。それほど日本人の復興の速さと努力はすごいものだと評価されている。実際、そう思う。 まさか原爆が落とされたのに、75年しか経っていないのに、この進歩はどうだろうか? でも思う、それは表向きのことだけじゃないのか?って。

 着物から洋服の文化になって、音楽も生活もアメリカナイズされて、今まで地味で質素だった日本独特の生活が派手になって、真似っこやアレンジが上手で器用な日本人だから、今のような”見た目”になっているだけで、心の中(精神)は75年前とあまりかわらなのではないか?と思う。でも、それも自分たちの年齢の時代で、全て終了してしまうと思う。

 10代20代は、過去の歴史は関係なく育って、生まれてから便利なツールがたくさんある時代だし、海外の情報がたくさん取れるので、自分たちのようなアメリカが全ての時代とは全く違った感覚で育った。

 どこが良いか悪いかは自分で決められる世代だ。自分たちはマスコミの影響もあって、アメリカが1番!BEST HIT U.S.A という風潮で育ったので、そのトラウマが消えない。