東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

紀元前からの難解な問題の解決は数千年、数億年後かもしれない

 「世紀の謎 空飛ぶ円盤地球を襲撃す」という、自分が生まれた時代に製作された映画を観た。題名ではUFOという名前はまだなく、フライングソーサー、ズバリ「飛ぶ皿」である。モノクロの映画をカラーに修正したものがCSで放送された。日本の円谷映画のような感じをもっとちゃっちくしたような映画。楽しめたけど、地球人は宇宙人をいきなり攻撃します。宇宙人たちはもう自分たちの星がなくて地球を侵略しようとしていると告げて攻撃開始!で、磁場をなくすマシーンを50日ぐらいで作ちゃって地球人が勝っちゃうというありえない展開。

 この映画に出てくる宇宙人は、「グレイ」と言われている、ある事情で感情を失ったその名の通り体がグレー色の宇宙人たちであった(この情報はマニアには普通の情報である)。 今も60年も昔も宇宙人情報があまり変わっていないのだと思うと、現代には何も新しい情報は無く更新できていないのだと思った。つまり、現在、宇宙船も宇宙人も、地球にコンタクトを取っていないのじゃないか?とうことだ。

f:id:bearpond:20200818202349j:plain

f:id:bearpond:20200818202354j:plain

f:id:bearpond:20200818202358j:plain

f:id:bearpond:20200818202403j:plain

 最近、アメリカ軍で宇宙船の目撃情報が多発していると報道している。昔、空軍が撮影したUFOをNASAが公開したが、それ以上の画像はなさそうだが、UFO情報は本当だったらひた隠しにするだろうから、少しだけニュースを流して市民を納得させて、本当の報道は隠す、という常套手段かもしれない。

この時期に本物のUFOが出現したら、今の世界の問題の原因の次元が変わってくる。ぜひ飛来してほしい。

 宇宙人は人間より先に地球に降り立ち今の人間を作った=シュメール人として、という説。それなら、霊の話であるが、魂(霊魂)はどうやって体内に入れたのだろうか? 霊魂は永遠に存在するもので何回も生まれ変わるたびに宿り、それなら宇宙人はその霊魂さえも自由に選択し操作できるのだろうか?つまり宇宙人とは人が言う神なのか? 神というと誤解が生まれるがそういう存在である可能性は高い。一部の人は「人間至上主義」なので、宇宙人が人間を作ったなどということは絶対に受け入れない。そのような個人の主張など捨てて冷静に検証して欲しい。

 紀元前のキリスト以前の預言者たちの役目はいったい何なのだろうか?これだけ紛争が続く中東で、何も変わっていないし何も良くなっていない。キリストの役目はそれまでの人間の贖罪の浄化、だと言われているが、それは今の地球や人間の平和の役に立っているのだろうか? もしかして平和や幸福には何も関係ない、2千年前に起きた一つの現象としてキリストの存在は終了したのだろうか?

 そもそも、時間の観念が違うと言う説もある。たかが2千年、5千年、など、彼ら(創造主)にとってほんの1秒かそれ以下なのかもしれないので、今紛争や戦争が怒っている地球も、改善されるのは今じゃなくて5千年ぐらい後に変わる予定いなのかもしれない。

 旧約聖書の中にある多くの予言、その中でも「ダニエル預言書」の70週の意味とか、そういうのを理解しようと思うが非常に複雑である。年代の計算もややこしい。 中東の紛争が3000年前から続いている原因が、現在のイスラエルの場所に関わっていることや、それらは血と戦いの歴史で、平和な歴史ではないし、これだけ紛争の原因になっているもの(宗教)になんの意味があるのだろうか? 紀元前から地球上の混乱、殺戮、の原因(宗教)を消去しすることぐらい宇宙人(創造主)なら簡単ではないのか? 何もしないで予言だけして、意味があるのか?と思う。キリスト降臨と昇天で人間の罪を帳消しにするためだけ、に生まれたものなら、紀元後の戦争や紛争やテロは、もう誰も止められないということだろうか?つまり「悪」がずっと続くと言うことか?