東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

冷静になった=慣れた?

昨日の感染者は東京621人。 多くなっても慣れてしまったのか、まあしょうがない、という感想です。街の皆さんもそうじゃないでしょうか?

地方の県で一桁の県は東京人なんかと緊張感が違うんだろうなぁ。東京は人の目もあるし数だけ増え続けてるし、何するにも厳しい。

学校のクラブや寮でクラスターが発生したのも感染者が一気に多くなった理由だと思う。低年齢の人は個人個人の意識が低いので感染を防止させるのは至難の技だ。

 

神戸大学の中山教授が無症状者から重症者までの感染者の抗体を調べた結果、全ての患者に抗体が6ヶ月残った(6ヶ月以上に更新するだろうきっと)という研究結果が出た。重症者の方が抗体が多かったという、それだけ戦った結果ということだろう。ワクチンよりも自然抗体の方が強いらしい。

これらは希望のニュースだ。

この時代に生きて、この新型コロナウィルスを体験しているということは、あとあと終息した未来には、良い体験をした、と思うだろう。世界中のみんなの人生の1〜2年または3年間がこんなことになってしまったのだから。

あと3ヶ月後の春前の来年2021年の3月ごろは何を思ってるだろう?

ワクチンが始まったらそのニュースでいっぱいだろうか?

7月のオリンピックはできるのだろうか?

会社は倒産してないだろうか?

飲食店は普通に営業してるだろうか?

東京の感染者数は2桁か1桁には無理だろうな・・・

などと考えてるだろう・・

と、4月ごろには思えなかったこんなことが冷静に考えられるっていうことでも、コロナに慣れた、ただただ気をつけるしかない、ということなんだな。