東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

水虫が怖いんじゃなくっていい加減な奴が作ってる薬が怖い。

東京、きょうは最低気温1度で寒くなると言う。北海道に比べたら大したことないけどね。でも風邪には気をつけなくちゃ。この時期に病院に行くのは医者と看護師さんが忙しいので申し訳ないです。なるべく医者にかからないように。

なんだかニュースで福井にある薬品メーカーの水虫(爪水虫)の飲み薬に通常の2.5倍の睡眠導入剤が入っていたそうな。。。おそろしい。

この薬は一回に4個ぐらい飲むらしいけど、この薬飲んで車で事故った人とか、意識朦朧となってる人など130人ぐらいいるらしいし、75歳の女性は亡くなったとか。(これが原因かはまだ不明。)

水虫になったのはこれまで2回である。2回ともジムが原因だ。

ジムの風呂場にあるシャギーラグが原因(たぶん)じゃないか?って思う。2回とも普通の水虫になって、医者の処方箋の塗り薬で治療した。3〜5ヶ月ぐらい続けて塗って完全に治さないと再発します、と言われて真面目に毎日塗った。なかなり時間かけて治した。そのあとはジムに行かなくなってから水虫にはならなかった。

ジムに行ってた時はパウダールームの椅子に座って水虫の薬つけてる奴、たくさん見かけた。 銭湯は体洗う目的だからジムの風呂とは違うけど、ジムの風呂は外風呂好きの人が来る場所じゃないので、いろんな人が使うので何らかの病気をもらいやすい場所だとつくづく思った。

爪にできる水虫は、指の間にできるジュクジュクの水虫と違うもの・・・?と聞いたことがあるけど、だから飲み薬を処方されるんだな、と思った。水虫で飲み薬、って初めて知った。しかし75歳の女性が水虫の薬で死亡したなら、本当に後悔しきれないな、と思う。持病があったかわからないけど、すごく悔しいに違いない。思いっきり慰謝料もらうべきだ。