おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

赤い霊柩車で普通の幸せを感じ取る

土曜日だから、というわけじゃないけど、

永久保存版にしている録画ドラマを観た。

その名は

「赤い霊柩車」

好きです、このドラマ。

山村美紗の小説だから舞台は京都

鴨川を散歩したり京都グランドホテルに必ず泊まったりと、東京モンにとって観光気分になれて楽しい。

京都の葬儀は花輪は飾らないとか、出棺のときに茶碗を割るとか、関東との違いを知った。

主役の葬儀屋探偵、片平なぎさをかこむ脇役陣たちはとても味があって、何と言っても山村美紗の娘、山村紅葉と一級葬祭ディレクターの大村崑とのお決まりの掛け合い漫才が楽しい。

f:id:bearpond:20201220030902j:plain

f:id:bearpond:20201220031004j:plain

f:id:bearpond:20201220031033j:plain

若い頃の出演者たち。

京都府警の刑事、若林豪。渋いねーー良い男。

神田正輝も、よくよく見ると、良い男なんだよね、実は。

f:id:bearpond:20201220032630j:plain

この2人、婚約者同士でもエロい感じじゃなく甘えん坊な感じじゃなく、クールに描かれてて好き。とくに片平なぎさのマンションに泊まりに来る晴彦さん(神田正輝)がリラックスしてエプロン姿で料理作ったり、食事の後のお酒セットを用意する片平とか、「お風呂にする、ご飯にする?」なんて聞いたり、自分には無い細かい暮らしのシーンで普通の幸せ感が感じられて好き。