おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

これはひどい。日本には有能な素材が無い。

東京はきょう、すごい風でした。

寒かった。

とはいえ、すごーく寒いか?というと、

そうでもない、東京だから。

 

f:id:bearpond:20210107211832j:plain

夕方、緊急事態宣言の記者会見を観た。

予想通り、、です。

何が?って、

言ってることに全く説得力、

 

 無し。

 

今日は内容に関してどーのこーのいうつもりはなくって、

菅総理の滑舌の悪さったら、

モゴモゴと、声も抑揚なく、

秋田訛りはこの有事にはイラつく。

語尾が小さくしぼんで

全く言葉になってないし聴こえない。

「たちつてと」が赤ちゃん発音になって、

「チャチュチェチョ」になって、聞いてらんない。

台に置いた文章を読んでるだけで

作文の発表ですか?

説得したいんじゃないの?国民を?

ただの結果発表?

じゃぁあなた いらないでしょ?

あぁ〜、もう悲しくなりました。

ドイツのメルケル首相の100分の1にもならない。

これだったら、映像でアバターを作って、

ちゃんとしたアナウンサーに喋らせたほうが良い。

 

f:id:bearpond:20210107211847j:plain

そしていつも一緒に会見する、尾美会長。

このお方は学者なのでしょうがないのだが、

それにしてもこの方の声、ひどい。

ガサガサの乾いたかすれ声で

聞いちゃらんない。

 

f:id:bearpond:20210107211910j:plain

さらに、加藤官房長官に記者が

全ての質問ができるよう時間を割いてほしい、と聞いたのに対し

それには現実的じゃないので。と、これで終わり。

もうどーしようもない、バカにした返答。

感情も説得力も内容もすべて

この人の人格の無さに起源している。

日本の官房長官が、これですからね、

これも、すごく悲しい。

 

今日の緊急事態宣言のこの3人、

63歳の自分が思うのだから、

2〜50代の人なら なおのこと、

いくら内容がまともでも、

この人たちによって、

感染がおさまるとは思えない。