おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

「量子もつれ」で知能を持つウィルスは人を洗脳させる

どこかで聞いたことかもしれないが、

自分なりに想像してみようと思う。

例えば、

感染してるが自覚のない無症状の人がいるとする。

無症状のままでいつの間にか治ってしまって、

でも体に出来た抗体は少ないのでまた2回目の感染して、

でも2回目も自覚がなくて、、、

そんなことが体の中で起こっていて、

その間に人と会ってどんどん感染させてゆく、という構図。

これって今の感染拡大の公式だと思う。

改めて考えてみたが、まず踏まえないといけないのは

ウィルスも「生き物」であるということ。

ただのアメーバのような原生生物ではないということ。

人と同じような「意思」があるかはわからないが、

微生物の方が人間より古いので、

たぶん人とは違う状態の「意思」と「知能」があると思う。

あんな形して小さいと誰も感情があるなんて想像もしないだろう。

(人の感情とは違うんだけど)

 

あの小さな体に知能があったのだ!

 

ウィルスは小さいしただの病原菌!だなんて思ってる人は勉強不足。

そもそも菌じゃないしね。

ウィルスには意思(知能)があるという理由は、

自分たちの数を増やすことが目的だから、

人の体に入ってから「誰かを感染させなさい!」

「じっとしていないで動き回りなさい!」

「他人に飛沫飛ばしなさい!」と、

ウィルスが人間を体の中から操作する。

もっと人に接触して広げろ!と、このウィルスが司令を出す。

人間の性格を変える、と言ってもいいと思う。

そのため、人間を重症にして死なせてしまったら

自分たちも終わってしまうので、

無症状でわからないように弱く感染させて、

(でも体の中では着実に増えてゆき)

その人を活発に動かすよう体の中から指示する。

だからいつも以上に渋谷に出回って酒飲んでパーティしたり、

自粛されてもそうしても誰かとエッチしたくなったり、

そういう風にウィルスに入り込まれた人間は

普段以上に過剰に洗脳させられているんだと思う。

これがウィルスという生き物の頭の良さではないか?

 

そんな常識で考えられない知能を持つウィルスと戦うには、

何か突拍子もないアイデアがないと勝てないのではないか?

ウィルスに知能があるなら、

それ以上に人間がズル賢くないと勝てない。

おバカな発想が必要かもしれないがある考えを思いついた。

素人考えでは無症状者が鍵になるのではないか?と思う。

実験をする。無症状者同士100人を集めて、大きな密室会場でパーティをしてもらう。もちろんマスクも予防もしないで思いっきり感染し合うのです。(人道的に無理?)

目的は、ウィルスに「お?感染しまくってるぞ!いい!その調子!」と思わせること。でも実はもう感染してる人に移ってるだけで、感染してない人に移してるわけじゃないので理屈では意味がない感染なのである。これは一つの賭けである。 もしかしたらそんなことはウィルスは気がついてしまうかもしれないが、新規感染者が増えてるとウィルスを騙すことが目的なわけで、その結果、ウィルスが変異し、強力になるか?弱くなるか?のどっちかであるから、弱くなってをウィルスが諦めることで感染の意味がなくなる方に賭けて実験する、といったことを考えた。目的は知能のあるウィルスを騙して無意味な感染を繰り返させて弱毒化、そして感染意思をなくし消滅させること。なんともバカな発想である。でもそれで何が変わるのか・・・

f:id:bearpond:20210113133236j:plain

f:id:bearpond:20210113132839j:plain

f:id:bearpond:20210113132847j:plain

そして、これになんの意味があるのかというもう一つの理由に、

「量子もつれ」という現象に注目したい。

これは「原子」より小さい物質の最小単位を「量子」というのだが、この量子というのは実に不思議なもので、同じ状態、同じ関係にある量子がたとえ地球の裏側にあったとしても、お互いが干渉しあって、つまり、双子のテレパシーのようにお互いの動きや性質が全く同じに連動する、というものが量子で、それが「量子もつれ」と言われている。

さらに、この量子は人間が量子を観察すると、影響を受けるという。もっと簡単に言うと、人が量子を見る、意識する、と、量子が答える、何かアクションする、というのだ。まさに生き物と言っていい。

これに当てはめると、目に見えない小さいウィルスも最小単位は量子なので人間がウィルスを意識すればウィルスの量子が何かのアクションを起こす、という説が考えられるのではないか?

そして、ウィルスに感染した人間の多くが派手好きだったり、じっとしていない人間だったりするとウィルスはそれに反応して、たとえ地球の裏側にウィルスがあっても「量子もつれ」現象で同じようにそこに住む人間を派手に遊び歩かせ地球上、同時に感染を広げてゆく。だから、こんなに同時にウィルスが感染しているのです・・・

だからこの現象を利用して、どこかの地域でウィルスに感染の意味を無くすよう実験し自覚させ、同時に「量子もつれ」で世界中のウィルスが連動して消滅・・・

どうでしょう?!

SFでしょうか?

それよりこの話自体が意味不明でしょうか・・・?

いや、もしかしてこんなど素人の発想が正しかったりするかも!?

投稿:2021年1月13日20:46