東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

緊急事態宣言の会見で記者からの質問の回答に驚愕した

f:id:bearpond:20210113214612j:plain
13日夕方、大阪、滋賀、などを緊急事態宣言に追加する菅総理の記者会見があった。少し前に一都三県の会見があったばかり。

いつもとおなじで下を見て原稿の棒読み。原稿を読んでいるにも関わらずその内容の薄っぺらに拍車がかかったように感じた。

そして、どーしようもない政治家の便利な言葉が連発する。

「国民の命と健康を守るため・・」

「と言うことを踏まえて、」

「と、このように思います。」

「それと同時に、」

「ま、そうしたことも含めて、」

これが頭に残ったということは、この言葉が会見の中で1番多いということだ。肝心な内容は一切頭に残らず。そして尾美会長にバトンタッチしていつものガラガラしわがれ声を聞くことになる。表現は悪いが老人会代表の挨拶、である。

この会見はひどい。これでよく政治家をやってこれたものだ。ここまでになれたのは裏で情報集めや何か違うところで苦労したとしか思えない。

喋れない、説得力がない政治家って何?

昨日の緊急事態宣言の会見で、最後の記者からの質問の回答に驚愕した。(オーバーだがほんとだ)

この記者、どこの記者だか見忘れたが、他の記者の生ぬるい質問とは全く違い突っ込んだ質問だったのだ。これは嬉しい質問だな、と喜んで見ることにした。

記者は

「国民にいろんなお願いをしているのは国民は皆やってるしわかっている。しかし、政府はその間、何をやったのでしょうか?政府はお願いするだけで、何もやってないのではないか?」

「また、指定感染症のレベルを下げないといつまでたっても医療関係は防護服で対応しないといけないし、そう言った法改正などをやっているのか?法改正は進んでいるのか?どう思っているのかお答えてください。」

いいね、いいねー!こう言うのが当たり前の質問でしょう?みんな媚びへつらって気分を害さないような質問ばっかりしてる記者ばかりで、当たり前のこの質問は、聞きたかったことだ。

しかし、その質問の答えは(滑舌悪くて全部聞き取れないし脈略ある言葉になってなかった)、空港での検疫をしっかりやってます、とか、そんなことだったと思うが、関係ない今まで対処した事例を語っただけで、何を答えたかまったく思い出せない。目はうつろでオタオタしていたのがよくわかった。

ここまで無能さが露出した総理はいままでいただろうか?虚栄を張ったりごまかしたりするずるい狸ジジイ総理はいたが、この頼りなさと声の届かなさは違った意味でワースト上位に挙げられる。

投稿:2021年1月14日21:00