おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

小さな川沿いの帰り道

f:id:bearpond:20210129230312j:plain

銭湯の帰り、いつも歩く道をやめて

どこへ続く道かわからないが

小さな川沿いの狭い歩道を 歩いてみた

3m上から覗く格好で川が流れている

川沿いも歩けるようになっている

茶色い鴨は 土の色と草の色と馴染んで見失った

鴨は 必ず2匹で動いていた

 

f:id:bearpond:20210129230325j:plain

歩道には鉄の柵があって

10m先に たぶん90才近いおじいさんが

鉄の柵のところで 杖をついて

歩いてるのか 休んでるのか

歩き出そうとしているところなのか

お互いに 遠くから顔を合わせた

おじいさんは小さな声で「こんちは」

自分はそれより小さな声で「こんちわ」

恥ずかしくなって おじいさんの横を通り過ぎた