東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

心の「平和」

昨日ユーモアについて書いた。

ユーモア、ユーモアがある、というのは、冗談を言うとか面白いことを言うとかだけじゃなくて、優しい気の利いた言葉だったり言葉の抑揚の調子だったりで、その場を和ませる雰囲気、ムードを作ること。決して人がドジって失敗した話で笑ったり自分の自慢話や大変な苦労話じゃない(これは全く逆の行為である)。

人のネジを緩めるためにはその場を柔らかな優しい雰囲気にすること。それにはユーモアのセンスと実行が必要だ。そして、なんのために人のネジを緩めるのか? と言ったら、それはただひとつ、

「平和」のためである。

今、この瞬間が「平和」かどうかを認識するには、気持ちがリラックスできているか?を自問するとわかる。

f:id:bearpond:20210131162609j:plain