おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

他人事のように正論を言う人って人の感情がわかってない

f:id:bearpond:20210217211927j:plain

島根県知事(鳥取県知事)が東京で感染がまだ広がっている中、感染が東京から染み出してきている、今だとオリンピックでその影響がでる。県としては聖火ランナーの中止をします。東京と政府に開催を検討するようにと、訴えた。

自分はこの県知事の意見に賛成。 感染は人流や密集が一番の東京の感染が収束しなければオリンピックで感染は必ず各県に拡大する。今、下火になった感染者数もまた5月連休を過ぎたら影響が多く出る。ワクチンの成果は何ヶ月後でないとわからない。

やっと行政の長がはっきりした会見をした。他の県は政府や東京都にここまではっきり言えない。これは正しい。

島根県(鳥取県)の感染者数が少ないのになんで?と、言うことは全く関係ない。地続きの一つの日本を考えての意見だから。他の県がこう言い出さないのが不思議なくらいである。

まず最初にコロナ感染の収束を!

これがこの先5〜10年の合言葉じゃないでしょうか?

 

正直言って、オリンピック組織委員会の会長が

誰になろうと、どーでもいい。

ただ、みんなが同じ日本人だと納得できる結論を出して欲しいだけ。

今はそれどころじゃない、コロナ感染で緊張感の連続。

 

第一、コロナも収束しない今は重要じゃない、オリンピックなど。

ああ言った組織や団体ってのは、

策謀だったり根回しだったり、政治力だったり、

偉そうなメンバーだが頭の中はそれほど褒められたもんじゃない。

感性が鈍い、人間の心理がわかってない、そう言う鈍感な人たち。

「いや、そうじゃなくて独立した組織で・・・」

などといってるのは建前で、

結局は政治力(金)で進んでいく組織だから。

もし、森の差別的思想が発覚しなかったら、

オリンピック組織委員会の内情などに気づくこともなく、

あーそんな組織があったのね、で終わってたのだから。

こうやってマスコミに取り上げられて興味を持たれてしまったら、

何やっても注目されて、もう、元のようにやっていくことはできない。

一回、信用をなくすと、そこから立て直すのは容易じゃないのは、

人生だって同じ。

人の信用とか、イメージを良くするには、

見え見えな方法だけれども、

唯一、真逆をやらない限り人々は納得しない。

それが一番簡単で、重要なこと。

会社でも、会議でも、友人同士の会話でも、

状況を無視して、正論を訴える人いる。

自分の友達にも昔、いた。

「立派な人だったら男でも女でも年も関係ない!」という人は、

浅いところで意見をいってるだけで、

まるで教科書の一行を読んでるかのよう。

男、女、性別、年齢、経験・・・

それを無視することが、差別していないと言うことです、、、

と、ただそれだけのことを言ってるに過ぎず、大きな勘違いをしてる。

  • 差別した人が80代だったから次は若い人に。
  • 差別した人が権力者だったから次は無関係な人に。
  • 差別した人が男だったから次は女に。

今、これで問題になったのに、これを重視しない理由はなんなの?

 

例えば、あるレストランでカキフライ定食で食中毒が出た、とする。

すぐに3日間営業停止になって、その後再開して、

懲りずに同じくカキフライ定食をメニューで出すとする。

この場合、

「ちゃんとしたカキフライだったら問題ない!」

と言ってることと同じである。

この言葉だけは一見正論で正しい、

けれどこう言う人は人の感情を何もわかっちゃいない。

たぶん、感覚や感性が鈍い人。

問題になるのはイメージと納得である。

カキフライで食中毒を出したら当分はカキフライは中止してスタンバイするのが客への「反省のメッセージ」となる。しかし、またすぐカキフライ定食を出すと言うことは、このレストランはミスを見直さず相変わらずの姿勢で、イメージを変えない悪いままであると言うイメージを持たれる。また、カキフライを想像させるような食あたりしそうな食べ物を出すことも客のイメージが悪く鈍感で、やはり避けるべきである。

だから、立派でちゃんとした人ならいい、と言うのは、この場に及んで人ごとでいい加減な意見である。

前にもいったがオリンピック組織委員会なんてどーでもいいのだが、この事件を、海外へ、普通の市民へ、興味ない人へ、納得させるには、

「80代のジジイじゃなくて若い女性」がまず最初の条件じゃないの?