おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

出前が混んでる

コロナが流行る前は、1ヶ月に2回ぐらいの割合で近所の寿司屋から出前を取っていた。にぎりは量が少ないので鉄火丼とか丼物オンリーで。

で、1年ぶりぐらいに(出前でも撮ろうかな?)と思って(もちろん電話じゃなくてネット注文)ページ開いたら、最初に会員ページが出てなかなかメニューのページのアイコンが出てこず、いろいろ操作してやっとメニューページが出たと思ったら、

”ネット注文のお客様はご予約だけになります”

だと?!

コロナ前、昔は「配達まで30分です。」とか表示が出てて普通に出前ができたのに!2日後からの予約のカレンダーがうっとおしく表示された。なんてこった。

そう、たぶんリモートや買い物自粛やらで出前の電話注文がひっきりなしなんだろう。だからネットはタイムラグが出るし売り切れの可能性が出てしまうので電話対応だけにしたんだ。

世間はいろんなことが変わってる。

1年以上も外食してないので、アクリル版が突っ立ったテーブルの店はまだ未経験。一度行って変な感覚に浸りたい。アクリル板のある外食店って仕方ないけどインテリア的に悲しい。

おでこにピッとする検温は銭湯の番台で体験済み。これも最初はもしかしたら熱があったらどうしよう・・・とドキッとしたが、やはりこんな検温実施なんて非日常であることは変わらない。

 

話変わって

@男2人が女の服を着た想像で売ること

ショップチャンネルでテンセル生地のトップスの番組。メーカーから男性がゲスト、それを案内するキャストが男、つまり、寄ってたかって女のトップスを男2人が(着れもしないのに&着た感触もわからないのに)、あーだこーだ言いながら説明して売ってる・・・・という姿。

実店舗の女性の服売り場にも男性の売り子さんはたまーにいるけど、そういう店の売り子さんって男でも細くてオシャレだったり、または専務で偉そうでオシャレだったり、つまり新橋のサラリーマンのような普通の男じゃない、ってのが普通だけど、このショップチャンネルの男2人の進行って、テンセルのトップスは男だから着れるわけないし、ミスってるよな、って。男の服を女が売るってのも同じで女は男の服を着れないし、なんだか買う方はピンとこないでしょ? と、思った。いくらジェンダー平等?って言っても、こりゃ〜変だよな。