おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

ずるい人たち

f:id:bearpond:20210524003828p:plain
沖縄に緊急事態宣言が出たが、観光で行く人は東京が緊急事態であっても、沖縄や北海道ならハメ外してもいいだろう、、と思って行く人が多くいる。普段はどこにでもいる善良な家族、親子、夫婦であっても、頭の中は倫理観が弱く状況判断ができない損得でしか考えられない人たち。

平常時だったら何も問題ないけれど、日本全国に感染者、死者がまだ多数出てる状態で、よく観光に、気晴らしに行くよな、って思う。

医療関係者、看護師達、介護施設の職員が身を削って危機に挑んでいるというのに、なんで親子揃って、夫婦で、楽しい沖縄旅行に行けるよな?って、どういう神経してるのかね?って。自分たちだけ楽しめればいいんだって最低な人たち。

たった1、2年みんなが我慢すれば明るい未来が来るのに、こういう時期にも自分たちだけだったらそんなに影響ないんじゃない?キャンセルできないし、だからいいと思うけど。。という気持ちであまりにも、短絡的でずるい人たちである。

ワクチン接種もどんどん打ってしまえば良いと思うが平等感というものも確かに存在するため、こっそり打ってしまう42歳の市長や企業の老会長夫婦や、権力を持つ人にはそれなりの厳しい目があるにも関わらずに卑怯な言い訳でわれ先にワクチンに飛びつく、これが醜いと言わずして何が醜いのだろうか?

そんな人が多くいるのだからヨーロッパのように法律で規制するしか道はない。そういう人は、なんでも損得で考える打算的な人が多い。みんなで我慢して耐えようという倫理観も善悪の判断も薄い。そういう人が絶対数いるので感染症などの場合の収束は法律による規制しかない。政治家達が「性善説」を信じているわけはないと思うので。

この感染症が収束した後で、卑怯な人たち、ずるい人たち、そういう人たちに厳しい判断が下されるだろう。