おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

言葉の大事さ:人は漫画の吹き出しのように言葉で考える生き物

f:id:bearpond:20200413163257p:plain

 人間が俺らと違うのは
  「言葉で考える」
 ということである。

泣き出したり叫んだりするのは感情。それは言葉で考えてやってるわけじゃなく感情が言葉よりも優位になった場合に起こることで、頭で考える言葉とは正反対が感情。

f:id:bearpond:20200413163257p:plain

人は、言葉で物事を考え、行動する。

何も考えないでいることは人にできるだろうか?寝ている時にそれは可能であるが、昼間にする行動では買い物や仕事をするときに無意識に行動していないし、一歩、行動した瞬間に、言葉で「次はあの角を曲がって・・・」とか「エレベーターで上に上がってあの人に会って・・」とか「味噌汁の次にご飯茶碗を持って・・・」とか、頭の中で瞬時に1度、言葉に置き換えて、行動しているのである。

教育を受けていない人間、自分で物事の心理を追求してこなかった人、本を読まなかった人は、残念ながら、言葉で物事を考える範囲が非常に狭いために、自分も他人にも微妙な心理を判断することができない。人の心理を単純な判断で決めてしまう。こういう人が上司や権力を持つ人だと大変なことになる。言葉を知らないため言葉で考えるのが苦痛になりすべて感情で動くことになり、異常に怒りっぽかったり理論的に矛盾したことを言ったりと、そういう面倒な人は周りにたくさんいるでしょう。

今の自分の感情を的確な言葉に置き換えて正確に表現できる人間、それがとてもバランスの取れた人間であって、人との誤解も生まれず、やや、堅苦しい人に思われるかもしれないが、正しい言葉で表現することを重要視せずやめてしまってる人が多すぎる。その結果、正しく人に伝わらずにトラブルが多くなる。

f:id:bearpond:20200413163257p:plain

人間が頭が良いとか悪いとかを言っているのでは無く、言葉というのは人が俺らと違って物事を判断するのには最低限必要なツールなのである。

f:id:bearpond:20200413163257p:plain

単語をたくさん知っている・・・ということじゃない。そうじゃ無くて言葉の意味をたくさん知っている、ということが、人間が思ってることを自分で納得し正しい結論を出すために必要なのである。

f:id:bearpond:20200412205551j:plain

人は言葉で考える生き物。

f:id:bearpond:20200412205422p:plain

動物と唯一違うのは言葉で思考するということ。

f:id:bearpond:20200412205216j:plain

漫画というものがなぜ、わかりやすいのか?というと、人は漫画の吹き出しのように、その瞬間、瞬間を吹き出しのようにすべて言葉で行動し考えているから。

f:id:bearpond:20200413163257p:plain

そーいうこと💌