おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

幸せな場所は?地球上にあるのだろうか?人間が素晴らしい生き物、だとは思えない。そんな絶望感は自分を不幸にするだけ!自分の幸せは遠い異国の情勢は他人事だと思うこと。

コロナウィルス流行は、今一番の重大な問題であるけれど世界には目を覆いたくなる残酷な国の現状があるし怒りの情勢もある。コロナウィルスの感染が収束しないのも紛争やテロが起こるのもすべて人間が問題だ、と言い切っていのではないか。

この世界=物質世界=3次元世界=愚かな人間社会、自分は今のこの世界が変わらないのだったら二度と地球に生まれ変わりたくない。社会が・・とかいうのではなく、人間が素晴らしい生き物、だとは思えないからだ。しかし、今もらった命がなくなるまでは生きる。

老いる、病い、死、生きること、など、4つの疑問をもち出家したブッダ。

しかし現代はさらに、虐待、犯罪、差別、紛争、搾取・・・

あぁ、書き切れないくらい、もう絶望するくらいひどい社会である。

ひどい社会は今に始まったわけではない。歴史をみるとローマ帝国の暴君たちの社会は言葉では言い尽くせないほどでひどい社会だっただろう。江戸時代にも辻斬りといって武士の試し切りが許された時代、人の命などまるで重要視しない社会。

しかし、時代を経るごとに野蛮な行いも減り、人間は理性を持ち文化的な社会になり昔より平和になった、、はずなのに、感覚的にそうは思えないのはなぜなのだろう?

もちろん過去に生きていたわけではないので全ては資料と想像だが、現代が過去より良くなった、と思えない。むしろ、古代の方がオープンで諦めがつくような、その逆で現代は陰湿で卑怯な世界だと思う。

遠い異国のニュースでアフガニスタンからアメリカ軍が撤退し、20年もの間にアメリカ軍の死者も大勢出たというのに、ここ何週間かであっという間にタリバンがアフガニスタンを制圧してしまった。そしてアメリカに敵対する中国とロシアがタリバン政権を歓迎する声明を出した。。。世界情勢は悪化するだろう、聞きたくもないニュースだ。

遠い異国の紛争などはお茶の間には無関係で、気になることはユニクロのバーゲンや芸能人の動向やデパ地下への不満や、毎日朝起きて食事して通勤、通学して帰りに買い物して夕食を食ってテレビ見て風呂入って寝る。。。そんな小さな出来事のある普通の暮らしが、この先10年、20年と過ぎてゆく、そんなことが日本人が幸せを感じる暮らしなんだろうな、と思う(自分は違うが)。

他国と比べると日本は民族紛争やテロなど無いどこの国よりも異質で平和なんだろうなと思う。

しかし、新型コロナウィルス感染問題は日本だけの問題ではなくなった。世界中で感染が収束しないといつまでも感染は変異し続ける。日本にテロや民族紛争がないからといってこの地球のどこかで暗雲が立ち悪の温床がはびこる社会がある以上、他人事ですませていいのだろうか?という疑問がある。

アフガニスタン政権がひっくり返って市民はいったい、どういう思いで暮らしていくのだろうか?シリアの難民は?ミャンマーの市民は?香港の市民は?

幸せな場所は?地球上にあるのだろうか? 世界の問題を挙げたら絶望するくらいひどい世界である。それに環境破壊が加わって絶望感は増す。

巻いた種を刈り取るために人は自分自身に生まれ変わる。紛争国に生まれたのなら、紛争し弾圧し殺害する人間側も監視されさる市民も、過去に自分が蒔いた種はいったいなんだったのか? 紛争状態の彼等を見ていると、今回の人生で過去を償うために生まれたのではないと思わざるをえない。とすると、さらなる種を巻いているだけで、延々と罪を重ねていくだけで、いったいいつになったら自分自身が許される状態になるのだろうか? 紀元前から同じことを繰り返し、輪廻が終わる兆しが一切見えない、かなり疑問である。

人は人。他人は他人にしか生まれ変わらない。だから、自分が良い行いをして自分を生きれば良いだけの話だ。一番良いのは、海外のテロや紛争や独裁国家の問題や海域侵略などなど、いっさい、耳を塞ぐのが良い。小さな身近な問題では、ラインもツイッターもYouTubeもやらないことだ。見ない、聞かない、言わない、が自分が幸せになるために、精神衛生上一番良いこと。

自分に危害が来ないことを第一に目指し、一生終わるまで嫌な気持ちにならずに自分を大事にすること。遠い異国の情勢は他人事。これで良い。