おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

いくらか肉を食べても良いが、豚肉はほとんどあるいはまったく食べないように。by ケイシー

エドガー・ケイシーのリーディングによる治療法、医者でも無いケイシーからの、それも催眠状態で大いなる意識から告げられるという、信じない人にはインチキと思うだろうし、そう思わない人もいるだろうし、評価は人それぞれである。こういうことに関して。日本人なのに、多くの人はいまだに、死んだらテレビがプツッと終わるように人生が真っ暗になって終わる、、、と思っている人がいるということ。死はこの現生で全てが終わると思っている人。他人の考えは関係ないので、それはそれでいいでしょう。

必要な人には必要なものが見えたり感じたりするもの。必要のない人には興味も出会いもなく過ぎて行くのが人生。他人がどうこういうにはただのお節介。

ベジタリアンの人がそうでない人に勧めるのは信仰宗教の勧誘で家まで押しかけるようなものと同じ。自分が良いと思ってることは必ずしも他人は良いと思わない。人に押し付けては絶対にいけません。人が困ってるのを助けるのは医者だけ。専門知識が人を助ける。医者の助け以外には自分で調べて自分に合った方法だったら積極的に試してみる。

ケイシーのリーディングによる治療法を実践する人は難病であったり医者の処方では良くならなかった人が多い。医者の処方には限界がある。癌や今のコロナ肺炎のような治療には現代医学も必要になるが、人は原因を知ることはない。

つまり、現代医学療法は

病気になってからの先の治療

だけで、ケイシーの治療法で述べられているのは

病気になる原因と治療の両方

である。細かい原因が語られる。

医者はこれから先の治療に終始する。クリニックや病院で医者が診断するのは「何でこういう病気になったのか」ではなく「今の症状をどう治療して良くするか」なのだ。

これを今まで不思議に思っていた。例えばどこにでもある耳鼻科や眼科に調子が変だ、と言っても当たり前の検査でデータで異常がなければ原因は不明で帰される。これは自分が多々経験したこと。医者に求めるのは今の症状を良くすることで原因究明ではない、ということだったのだ。わかった以後、医者にかかっても「なんでこうなったんでしょうかね?」と一切聞くのをやめた。

原因を知るには自分で調べるしかないが、しかしそれは難しい。そこで、ケイシーのように過去の膨大な患者のリーディングの実例の中に自分の症状に近いものを見つけて原因と対処法を知ることができるのである。

治らないといわれた病気になっても、その原因がわかれば自分で気をつけることができるし、実践し、いい方向に持っていける。これは医者の処方にはない。

ケイシーのリーディングによる治療法

病気になる原因のほとんどが食事である。間違った食事により、

血液そして腺(リンパン)に毒素(酸)が貯まることで病気が発症する。

体の中では血液の中は乱れた状態や老廃物によって酸を生じさせるという自然のなりゆきがある。酸性の食べ物ばかり食べていると血中の毒素(酸)が排除できず、すべての原因がこの血中内の酸化が原因で病が起こる。老廃物が毒素となりその毒素のために癌、疥癬、インフルエンザ、などの病気が発症する。

対処法は酸性の食べ物を減らしアルカリ性の食べ物を多く取るようにすること。アルカリ性の食物の代表格は 柑橘類(体内でアルカリ性に変わる)・野菜で、どの健康雑誌でもテレビでも野菜がいいとは言っているが、それらはケイシーのようなアルカリ性だから良いとは言っていない。ただカロリーが少ないだのヘルシーだのとしか書いていない。

栄養学の資料はつねにビタミンやカロリーでその可否を判定している。しかし、それは一つだけのデータであって、それ以外にあたえる悪い影響は述べていない。

たとえば豚肉はビタミン B1が豊富で疲労回復に良い、、、と誰もが好きな国民食と言ってもいい豚肉だが、その効果は栄養士のデータからで、豚肉は栄養面以外に重要なことで体を酸化させる食べ物なのである。

多くの病に共通する病気になる原因の食べ物で、代表的なもは、

  • 豚肉(特に脂部)
  • 死肉(魚、鶏、羊(ラム)などはまぁまぁ良しとする)
  • 揚げ物すべて
  • 砂糖

豚肉に関して、ケイシーはここまではっきり述べている。

いくらか肉を食べても良いが、豚肉はほとんどあるいはまったく食べないように。

 

 医者でもないケイシーがリーディングによって述べた。なぜ豚肉がいけないのか?

「ここに見られる状態は、ある特定の性質の食べ物を食べたことによる、ある種の栄養価を吸収した結果である。その栄養価が身体機能に作り出す老廃物が菌を作り出し、それが身体各部の筋肉および神経の結晶化を促している。これらが骨盤臓器、腰椎・仙骨全体、座骨神経の一部、膝と足に見られ――これらすべてが苦痛をもたらしている。これらは急性の痛み、リウマチあるいは神経炎として始まった。これらは神経炎的な関節炎の反応に近い。これは豚肉のこと――豚肉を食べることで引き起こされる影響である」3599-1

tachikawa-sika.com