おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

実際に生きている人間を認識しないと大変なことになりそうだ、と気づいた。

雨のせいで 湿気が・・・すごいです。

でも、乾燥より心地よい自分です。

あまりにこもり過ぎなので、近所を一周しようと、出かけました。

外出時間約20分。

黄土色のリネンのカーデガンにsousouのイージーパンツ。ボルサリーノ製のレザーハンチング。霧雨だったので傘無し。持ち物は全部ポケットに入れ込む。

最初は銀行ATMで、必要ないのに8000円を引き出す。

次に、ショッピングセンターの中に行き、混雑を避けて。いま、医院はどんな状態なのか視察。今日はどこも休みだから張り紙などチェックしてどういうスタンスで運営してるかをみた。

次に薬局へ行く。南雲先生が監修の健康に良い「ごぼう茶」と、肩こりの強力湿布薬1780円を購入。

f:id:bearpond:20210904224730j:plain

次に、コンビニに行き、ドリップコーヒーと、海藻サラダを購入。

目的はないけど、20分でも外を歩くのは良いね。それと、変な話だが、生きた人間を見たりすれ違ったりするのは、当たり前だけど必要なことかもしれない・・・と思った。

テレビやネットで人の姿や声を見たり聞いたりしても、それは実際のもではない、よね? それが、いつの間にか、実際のものと混同してしまっている自分も、ヤバいな・・・と思う。

べつに、友達になったりとか知り合いになるとかじゃなく。。。うーん、解釈がむずかしい。この分析は、後日にまわそう。

ようするに、実際に生きている人間を認識しないと大変なことになりそうだ、と気づいた。(すごい発想だよね、これ)

 

f:id:bearpond:20210904224001j:plain

去年の夏に買った、京都のショップsousouの服が、

部屋着&寝間着になってしまっています!

この画像のトップスで¥7590〜。外に来てゆく機会がなく、素材が国産綿100%で高島ちぢみだったりと、素材感がよく着心地がよろしいので、寝間着にぴったりなのです。これもこの服たちの運命でしょう。実にたくさん買い過ぎたんだな、sousouの服を去年の夏に。反省。