東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

1日断食で胃腸をゆっくり休めました。

今日朝7時に起床。

今日は断食しよう! と決行しました。

このところどうも胃の調子が良くないので、胃腸をゆっくり休めることが大事だ!と思いつき(ダイエット目的じゃなく)、ものの記事によれば16時間断食というものもあるようで、まぁ、つまり、胃腸を長時間休めれば良いんだ、と気がついて断食しました。

朝7時。白湯だけを飲む。その後ずっと白湯飲み。

自分、白湯って大好きです。

温度は、ぬるま湯です。熱々はNG。

若い子がお水に味がなくて飲めない、、、なんてバカなこといってるが、味がないから美味しいのにね。水に味があったら最悪じゃん。

白湯は、浅草にいたときのマッサージの兄さんが、施術するときにいつも初めに小さなコップ一杯の白湯を出してくれた。座った姿勢が悪いといつも注意された。この先生はすごく相性が良かったのに、やめてしまった・・・

その白湯をズーーー飲んで今日1日。

さっき、プレーンのヨーグルトに蜂蜜垂らして、ほんの少し食べました。何も食べなくても全然、腹減ってない。それは、今までに蓄積した食い物が腹と腸に溜まっているからだ・・・ということだな。(汚い)

1日断食決行した結果、胃が叫んでいない!というリアルな実感があります。

いつもはお腹が張って豊満感があったが、今はほぼ無くなった。

あす、もう1日、断食してみよう。

とにかく、胃腸の中の老廃物を空っぽにするのと、胃腸の働きを休めるのが目的。