おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

かぼちゃのクリームシチューとホセ・フェルシアーノ

台風が近づいて、東京は土曜日に大雨になるらしい。やだねー、雨と風。

 

きのうからクリームシチューを食べたい!と、さっそく材料を買った。

白菜、玉ねぎ、にんじん・・・オクラも入れた。

もちろん野菜だけで肉は無し。

しかし、かぼちゃを入れたため、カボチャが溶けて、仕上がったのはかぼちゃ色のシチューになってしまった!

サラーっとしたスープにしたかったのがちょいとくどい味になってしまった。

まだ3日分残っている・・・。

 

f:id:bearpond:20210916192615j:plain

f:id:bearpond:20210916194858j:plain

Jose Feliciano ホセ・フェルシアーノ

1945年9月10日にプエルトリコのラレスに生まれた。プエルトリコはキューバ、ジャマイカなどがある海域の島々の中の一つ。

f:id:bearpond:20210916194725j:plain

f:id:bearpond:20210916194731j:plain

f:id:bearpond:20210916194909j:plain

ホセ・フェルシアーノは天才的な(天才)なギターテクニックを持った盲目のギタリストだが、その歌声は唯一無二といっていい。高音だが太く伸びやかでなぜか悲しい声だ。

1968年に出された三枚目のアルバムからのシングル曲「Light My Fire」、和題は「ハートに火をつけて」がヒットし、グラミー賞の最優秀新人賞を受賞。

一般的に、ソウルミュージックはディスコなどで親しみやすいが、ラテンの独特な雰囲気と訴えかけるように歌う情熱的な声に引き込まれる。ノリが良いがどこか切ないメロディー。日本には存在しない、曲調や歌詞・・・

ケイシーの「ひまし油パック」が1時間半ぐらいかかるのでその間聞いている。

特に好きな曲は、

Angela (アンジェラ)

♫ おぼえているかい?あの夜君は愛していると言ったね

 僕の人生の最後には、君と一緒にいたい

 世界は君と僕のためにあるんだよ

 もし、僕を愛してくれるなら、絶対に、絶対に離れないと約束するよ

youtu.be