おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

亜麻仁油とキパワーソルト

f:id:bearpond:20211026120402j:plain

いつもはエクストラバージンオイルを使用してます。

料理に、揚げる、炒める、などはしないので、油は生でサラダにかけるだけで使用。

そのオリーブオイルの他に、亜麻仁油(あまにゆ)が人間には必要。人に必要なものは炭水化物でも肉でもなく、油なのです。

脳は油を必要としてます。。。と言うのは変だけれど、オメガ3という物質が脳には必要で、それは体では作られない。では外からと言うことで、オメガ3とオメガ6がバランスよくある亜麻仁油が大切になります。

1日、亜麻仁油をスプーン2杯、ということですがサラダにビシビシかけたりしてもいのではないでしょうか?正直、高価なのですが、洋服を買うのを削って亜麻仁油を買ってもいいのではないかと。

f:id:bearpond:20211026121123j:plain

3本で6804円 さっぱりしてて美味しい油です。6〜8週間使用し続けるとお肌がしっとりするそうです。亜麻仁油には抗炎症作用があって関節炎にも期待できると言うことです。

NHKためしてガッテンの情報によれば

必須脂肪酸のオメガ6とオメガ3は、体内で対抗するように働きます。
オメガ6は、血液を凝固させたり、体内の炎症を促進したりする働きがあり、オメガ3は、血液を固まりにくくしたり、炎症を抑えたりする働きがあります。

オメガ3とオメガ6の浮遊率バランス(対比)が大事らしい。

f:id:bearpond:20211028112302j:plain

キパワーソルトと、言います。あまり聞きなれない名前です。自分も初めて聞きました。塩は食事に一切使わないようにしていますが、野菜を食べるのにさすがに塩っけがないとキビシイ!

ハーブソルトなるものも使ってはみたがあまり美味しくないしただハーブは入っているだけで何も良いことはない。

別の案件で知ったのだけど、「ひまし油パック」を実行しているのでその後に、「浣腸」をするともっと良い、ということ。

「浣腸」?!というと病院でやるような感じですが、40代の頃に一度、習慣のようにやったことがあります。流行ってたのかな? 全然痛くも痒くもありません。トイレで水が入った(完全に水ではないが)容器を上の方に吊るして浸透圧で下に水が落ちるようにして、ホースの先を肛門に入れて腸の中に入れては出しをくりかえす。

この浣腸に使う水の中に、少し塩を入れるといい、ということで、その塩がキパワーソルト。さすがに腸内に入れるのに台所で普通に使ってる塩化ナトリウムは怖い。

このキパワーソルトは韓国製。え?韓国??と初め疑問視したが、もう日本では作られていない製法。韓国のある地方だからこそ作れるというもの。朝鮮半島の南西、黄海に浮かぶ島で作られています。

普通の塩は人工的に水分を蒸発させて作る方法がほとんどですがキパワーソルトは自然の干潮、満潮を繰り返した土壌で塩の濃度を高めていき、時間をかけて自然に結晶させ800度以上で焼くという製法。パワーが違ってきます。

昔、テレビで日本のどこかの島で同じ製法で作ってた映像を観たことがあったが、もう日本ではないのだろう。海の潮にはミネラルが豊富だがそれ以外に実は害のある成分もたくさんあるというが、この塩は800度以上で焼くため有害物質は排除されるという。