東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

地球温暖化を防ぐ!COP26

f:id:bearpond:20211105163142j:plainf:id:bearpond:20211103124938j:plain地球温暖化の対策で各国の代表や活動家リーダーが発言をしています。COP26と言うそうで。イギリスのどこかで・・・(場所知らないし)

途上国はなるべく二酸化炭素の排出量削減を先延ばしにしたいわけだ。アメリカや日本などの先進国は2050年までと主張。しかし・・・

インドは2070年までと主張。

中国は2060年までと主張。

おもな国の二酸化炭素の排出量は、

<2018年の統計で二酸化炭素の排出量割合>
1位 中 国  28.4%
2位 アメリカ    14.7%
3位 インド  6.9%
4位 ロシア  4.7%
5位 日 本  3.2%

中国多すぎ。でもしょがない。インドや中国には行ったことがないが、車などの排気ガス、工場や製造で出る熱、原発などの熱、二酸化炭素以外にも温暖になる原因はたくさんある。多くは世界の工場=中国やインドなどの途上国が原因だけど、その原因を作ってるのが製造を依頼している日本などの消費国、先進国だから。

インドが2070年までに・・・って、あと50年後?!50年もかけて熱量を減らしてゆくって優雅すぎる。さすがインドって感じ。でも、中国もインドも、

「あなた達(アメリカ、日本などの消費国)が金さえくれれば炭素少なくして工場稼働しませっせ!、どーや?」ということだ。

インドはコロナの感染ピークの時の映像を見ても、生々しいリアルな人間、と言う感想で、独特な人種だな、っておもう。(良い意味です)

インドの政治家がもし50歳だとして、あと50年後は生きてないだろうし、引き継ぐ政治家も50年前昔に決めたことなど忘れてガンガン二酸化炭素出す経済発展をしそうだし、

f:id:bearpond:20211105163040j:plain

f:id:bearpond:20211105163050j:plain

地球に対する考えには純粋に救おうと思う善良な市民と、それでは国が裕福になれないから見て見ぬふりをして口先だけで危機に真剣な嘘つきな役人。特権階級の者は信用できない。という理由は・・

富裕層は数十年後までに火星に、月に、逃げ出す。炭素を減らす期限をあと50年後と日本とアメリカは言っているが、その50年の間にあの大手通販会社は民間で宇宙へ進出を確実にする。これは旅行の一環、、という名目だが実は地球温暖化の被害が間に合わなかったときの対処、生き残るために宇宙に基地を作って地球から逃げ出すという思惑だ。