おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

東京の日常は元に戻りつつあるのだろうか?

チェッカーブーツのヒモを買いに近所のショッピングセンター内のABCマートに行った。散歩を兼ねて遠回りして、時間は午後3時ごろ。

ダウンジャケットにインナーは暖かTシャツとアニエスのTシャツの2枚重ね。首にはニット帽とお揃いのスヌード。でも、上半身と首には汗がーーー!!ダウンジャケット、スヌードを脱いで歩いた。なんで暑い?気温は17度ぐらいなのに、まだダウンは早いのかなぁ?

ABCマートは空いてる。でも、食料品や生活雑貨の売り場は混んでる。ファション関係のフロアーは、ガラガラ。週末は賑わうのだろうか? ABCマートはすごく広い店なのに客は自分一人だけだった。

東京は劇的に感染者数が少なくなって、今日は15人。昨日は7人。

しばらくはこの状況が続いてほしい。

にしても、少なくなり続ける期間が長いと思う。ここまでいったなら、希望は「0人」!もし東京で、1日でも「0人」になったとしたら、精神的に何かが変わる気がする。

他県では「0人」の県がたくさんあって羨ましい。東京は住むところじゃないと思うけど、東京で生まれたからしょうがない。ここがふるさと。

日本全国同時に少なくなってるけど東京が少なくなれば、全国が少なくなる、という現象である。あんなに感染者が多かった沖縄が今日は0人である。これもすごい。その代わり北海道でクラスターが発生。カラオケ屋で出たのかな? やっぱりカラオケボックスって、大勢で行くのは危険だと思う。

自分もカラオケ大好き人間だったけどもう2年、歌ってない。

一人カラオケは安心だから、行こうかな?とも思ったけど、カラオケボックスって、通路は狭いし、建物全体が密閉されてる造りだし、トイレも共同で狭くて怖いし、エレベーターも怖いし、やっぱりまだまだ怖い。ここまで日々予防してるのから、0人が2週間続いたら、活動開始、ということにしよう。