東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

イラつくのは相手の対応じゃなくて自分の対応に自己嫌悪になるから

これから朝にかけて、雨が強く降るという。。。やだね、雨。

ガンガンに乾燥してるから、IHでお湯沸かしてる。湿度61%、でもすぐに40%に下がる。下がると喉がイガイガして、すぐにわかる。

湿度の違いって全然ちがうもんだね、体は正直なサーモメータ。

 

オミクロンが市中に多く見つかる前に、今が行楽の時期ではないでしょうか? というと、人民大移動・・となるが日本人は大丈夫。どこかの面積と人口だけの大国とはちがって節操があるからね。

 

ちょっとだけ買い物に外を歩いていても、なんで「歩きスマホ」してるバカヤローがまだ存在してるんだろう? 制服の男子中学生、女子中学生、汚い青年、主婦・・みんな他人がすれ違ってもきっと影のように見えてるから避けられると思ってるだろうが、

お前が避けろ!ヽ(*`Д´)ノ

ということです。

歩いてスマートフォンいじってる奴、まだ街に出ても3人は見る。どーかしてる。短い人生、きっとバチが当たるよ。

誰にも迷惑かけてないからいいって? かけてます。

なぜか、怒りモードの今日。

でも、ほんとうは彼らに怒り浸透、なのではなく、自分に起こってるのです・・・

革のバッグの取手の革が剥がれたので、修理もやってるクリーニング店に行くと、そこの店員の女って愛想はいいんだけど、まーったく物を知らない。

「革のコバ(端っこのこと)が色落ちしてるから、それもお願いね。」

店員「・・・?」

「取っ手の2枚合わせの革の接着が剥がれてるからくっつけて」

店員「・・・・・・?」

なんでこんな普通の会話にも相槌がない・・

この店は社長が修理専門業なので電話で聞いてる。靴やバッグの修理も宣伝してる店なのに、店員がまるで無知。まぁ、ほとんどが服のクリーニングだからしょうがないけどね。

でも、社長はすごく上手なのは知ってるので、店員の受け答えにはほとんど「ハイ・ハイ」と流して、

怒り浸透なほどの出来事じゃないけど、相手への自分の対応が嫌なのだ!=自分が嫌いな瞬間なのだ。自己嫌悪とも言う症状になる。

(あぁ、もっと優しくすればよかった・・・)と後悔と自己嫌悪になる。

そんなことの繰り返しの人生。

不満や怒りは、自分の行為に対して怒ってる。

自分に不満を感じている、ということなのだ。

それで自己嫌悪になる。

良い人ならなきゃ(自分のために)