おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

マネっこJAPAN:150年前のイギリスはもうお手本にならない。という勉強会

マスコミの報道は、いつもイギリスと比較する。

今回のコロナ感染の状況もイギリスの今を日本の感染者数と比べて報道している。

しかしイギリスとは人種も全く違う。生活も、食事も、習慣も違う。

いまでも留学先はイギリスオックスフォードだったりと、文明人になるためにはイギリスでイギリスの習慣や考えを学ぶことが意識の高いセレブになる必須と思っている。

日本はまだ、そんんな次元の国なんだ・・・

西洋化・・・の訓練は、まだ続くということなのか?

日本の約半分しかない人口、中世ヨーロッパの血みどろの戦いの歴史、そんな遠いヨーロッパのイギリスと比較する意味があるのだろうか? 同じ島国だからか?(これは違う)

そんなイギリスを江戸時代の政治家は日本国の建国のためにマネをしたのだ!

その時から、日本人は日本人向きのオリジナリティーを模索しなくなった。

明治維新で新たな日本を作るためにイギリスの政治を真似した。それが現代まで、ずーーーっと、なぜか続いている、何かあった時に、すぐに真似をするのはイギリス。

コロナの感染数やワクチン接種の頻度や、そんなこともすべてイギリスと比べる。

これはおかしいとおもいませんか??

まさか共産圏で一党独裁の中国と比べることはしないだろうが、政治体制が同じイギリスだが、だからといって生活習慣も趣味も気質も行動もマナーも違う国と比べるのはだ正しいと思わない。

今回も、この感染の広がりをイギリスと比べるのはおかしい。ましてやアメリカと比べることも変だ。じゃぁ、どこと比べるのか?

比べる必要は、ない。

日本人の性格にあった自国の政策を考えるべきである。

各国の感染状態や、事件や事故、などなど、日々起こることに関して日本と比べることに意味はなく(習慣も気質も人種も違うから比べること自体おかしい)、ただの情報として「参考」と受け止めるべきである。

日本人の「気質」「性格」「習慣」「心理」に沿った政策や規則や発言を自信を持って政治家にはやってほしい。そこが上手なのが小池都知事である。日本人の好きな言葉や興味あるものやそう言うことをよく知っている。

今回のような感染症じゃなくても、日本独自の、オリジナルなもの、それこそが「説得力」のあることで、明治維新以来、なんでもかんでもイギリスを参考にしてきた日本のバカさ加減が恥ずかしい。

日本にはそういう「マネ」が当たり前で、器用でマネるのが上手な日本人だから、明治維新以来、日本人の血の中に個性というものがなくなった。

f:id:bearpond:20211225161417j:plain写真は、上皇様と上皇后様のテニスを楽しまれる若き日。

そのマネっこJAPANで、唯一のオリジナルで日本の政権が大切にしているもの、それが「皇室」である。「皇室」の存在は日本人の血筋の厳守を意味する。皇室は古代からの日本人としての血統を守ってきた歴史であって、これこそは海外には存在しない日本独自のものである。(これには賛否ある。河野太郎は女性の天皇を支持したがそれは結果、未来に血筋をなくすことになる。。。と言う反発が自民党内には多くいる)

f:id:bearpond:20211225161620j:plain

写真はたぶん、左の女性は現在のエリザベス女王。

イギリスの王室と日本の皇室が同じだと思う人がいるが、それは違う。上に書いた意味でわかるように、日本の皇室は日本人の血を守る意味で存在するが、イギリスの王室は、血筋など全係なく、古代から他国との血縁も普通で、この「王」というのは他の国との戦争で勝ったものが「王」となると言う流れである。戦争で勝った国の王の一族が「王室」であるので「皇室」とは全く違う。

それに、日本の「皇室」は日本国民と一体という精神がある。しかし、私的な財産はほとんど持つことはできない。それが戦後の「天皇は象徴」という意味でもあるのですが、イギリスの王室はグレートブリテイン(国)と別物で、イギリス領土の外に市有地を持ち、私的に農園などで膨大な利益を上げることが許されていて、さらに無税という、メチャクチャな待遇の一族なのです。簡単い言うと、戦争の勝者の一族、イギリスの頂点なのです。

これらのことを踏まえて、コロナ感染者数やワクチン接種、行動の規制、レストランの規制、人々の感想、そんなイギリスの報道をみて参考や手本などにする意味があるのか、今、考えた方がいいでしょう。・・というのが今日の勉強会でした。