おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

桜の季節に収束の予感・・・「一生、この生活が続くわけない、春に収束するでしょう、たぶん、、」 ぐらいのこと言えっちゅーの!

正月、やっと5日になりました。

一般多数派は、休みがもっと欲しいだろうが、自分は早くカレンダーが黒字の日々に戻って欲しい。といっても、コロナ流行で平常時とは言えないが、

来ましたね、、、ついに!第六波の入り口を通過しました。。。と思います。

でも、心配しなくて良いと思います。

沖縄の感染拡大の理由は、アメリカへの手前政府ははっきり言えないけれど、(玉城デニーさんははきり言うけど)誰もが当たり前にわかっていることで駐留軍からの感染で拡大した、ということ。これはもう安保条約があるからすぐにどうこうできる問題じゃないけど、沖縄県民は怒り浸透だよ。お察しします。

でも重篤化がしにくい、というだけでも前回のデルタ株よりも気分が楽だと思う。

あまり楽観視はいけない・・と思うが、オミクロンの収束はたぶん時間の問題でしょう。

オミクロンに感染しても重篤化しにくく、治る早さも早いということは、抗体ができる速度も早い、ということだから、この第六波が収束すると、もうコロナウィルスは変異する時間がなくて終わるのではないでしょうか?!

今までのデータからだけど波のピークから約2ヶ月で波が下がっていくので、今日の東京を例にしてみると、今日の感染者が約400人でさらにピークが2月ごろで2000人となる、と学者先生たちは言ってるので、2月から2ヶ月後、つまり4月の桜の季節に収束となると想像します。

あと3ヶ月前戯の辛抱じゃないでしょうか?!だから、あまり宴会なんかしないで人と会うのは季節の良い春まで待った方がいいと思う。

誰か、「嘘つき!」と後で言われてもいいと思う勇気のある人、いないかね? 皆、慎重すぎるよ、わかるけど。間違っちゃってもいいから、収束の日を理由つけて言ってもいいと思うけど。じゃないと、未来が見えなくて絶望して自殺する人もまだまだ増えるだろうし事業の計画も出来なくて者金に悩む人もふえるだろうし。

芸能人たちよ、テレビで役にも立たないコメントなんかしてないで、

「一生、この生活が続くわけない、春に収束するでしょう、たぶん、、」

ぐらいのこと言えっちゅーの!それがお前らの役目。