おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

予断を許すと感染する、というべきである

f:id:bearpond:20220124161402j:plain

f:id:bearpond:20220124162030j:plain

夕方の散歩スタイル。散歩時間約1時間。

  • ダウンジャケット:MONCLER FRIESIAN ルーマニア製
  • インナーロンT:近所のスーパー 中国製(残念!)
  • マフラー:ジャーナルスタンダード イタリア製
  • ニットキャップ:HIGHLAND2000 イギリス製
  • スノーブーツ:KIMBERTEX イタリア製 
  • ショルダーバッグ:アンコキーヌ バングラディッシュ製
  • スウェットパンツ:BARK MANHATTAN 中国製(残念!)

 

ピークアウトするまで、今までも同じだけど とにかく人を避けている。

小学生がうるさく帰宅している。まいる。

誰が感染しているか、わからない。

神経質になりすぎるって??そんなことない。

意識として感染は絶対に避けなければいけない。

たとえ死に至らなくても!

 

スニーカーが擦り切れてズボンの裾を引きずってるとか、毛玉のついたセーターやフリースでお菓子ばかり食ってるだろうデブの買い物帰りの主婦や、とくにだらしないカッコの人はおもいっきり避ける。コロナじゃなくても避けるけど。

そういう人は生活が清潔なわけない。生活空間が素敵なのに見た目が汚い人って、聞いたことないでしょう?

でも汚い人の人格は否定していない。ただ生活スタイルや見た目の好みです。

不信になるのは悪いことじゃないと思う。なぜなら、今は家庭内感染で子供からも感染するから、小学生の登校の群れからも避けたい。これも感染症が広がってる場合は正当な防衛反応と言えるでしょう?

性病の場合は快楽で移ったわけだから、とても避難されたり嫌がられたりするけれど、今回は胸張って感染したと言えるぐらい正当な?感染ウィルスと思われている。

マスコミでは「誰が感染してもおかしくない状態」と言ってる。

これは おかしい。

これは誤解を招く言い方だ。

予断を許すと感染する状態

というべきである。

つまり、誰が感染してもおかしくない状態という言い方では、

感染した人を差別してはいけない

誰でも可能性があるから

と言いたいのだろう。国民から攻められないように忖度してるわけだ。

「誰だって感染するんだ!じゃぁ感染してもしょうがないか?」という勘違いが予防をゆるくする一つの原因になる。

医療従事者や介護の現場や保育所などの密接に接しないとできない仕事の場合は本当にしょうがないと思う。名誉の負傷と言いたい。

しかし!

東京や大阪で感染が爆発してる理由は、まさに快楽の街にむらがる人間のせいで広がってる。これを、もっと明らかにするべきじゃないだろうか?

ここで勘違いしてはいけないのは、飲食店というくくりは間違えであって、快楽のための営業、つまり、性風俗の営業に厳しく規制をかけた方がいい。と思っている。

以前、ホストクラブに大変な数の感染者が出て、一時取り上げられたが、ホストクラブ、ガールズバーというのは純粋な飲食ではなく風俗であるから、体の密着が無いなどあり得ない職種なのだ。もちろん個室ビデオもそう、韓国式マッサージもそう、台湾式マッサージもそう、たくさん風俗があるのでここで言い切れないが、

実行再生産数が1だったら、これらの風俗から2人、4人と爆発するのは当たり前に考えられる。奥さんに飽きた旦那が歌舞伎町で性風俗に行って家庭に帰って子供に奥さんに感染させる。このパターンすごくたくさんあるはずなのだ。ただ、感染源は絶対に言えないだけなのだ。

居酒屋やレストランは風俗ではなく健全な飲食なので感染確率は低い。小池さん、これを機に風俗の規制を厳しくしましょうよ?