おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

ただ、座っているだけ。

なんだか忙しくて、ゆっくりブログを書く時間が遅くなってしまった。

スマートフォンでブログは書いていないので、A4のノートに鉛筆で書いているような、昔のようなイメージで書いています。

今日、散歩していたら、いつもの公園のベンチに男性のお年寄りが腰をかけていた。

午前10時半。

まわりにはほとんど誰もいない。

ベージュのダウンジャケットにグレーのスラックス。

ベージュのハット、そして茶色の杖。

背中を丸めて自分の足の先を見るような姿勢で静かに座っていた。

自分が歩く遊歩道から横目でその老人を見る。

部屋にいても息が詰まるのだろう、外の空気を吸いに出たのだ。

ただ座っている。

この、「ただ、座っている」ということが、素敵だなと思った。

若い時や忙しい人は、なんに目的もなく物事を行わない。

目的もなくブラブラするのは忙しくて体力のある人はしない。

デートで表参道をブラブラする、、、の、ブラブラとは違う。

理由のない事、何も目的のない事、

ただ、そこに座っているだけのことが、とても重みのあることのような気がした。

若いに時は気がつかない小さな発見。

忙しく やりがいのあることが素晴らしい事じゃない。

ということを、感じた散歩でした。