東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

特命係:河野太郎

あす、春一番が 吹くそうな・・・

そんなバカな? でも日本海側の方の話ですが。

春が近づいてくるなら、気分も明るくなる。

 

報道での話だけども、感染者が少なくなったからといって自宅療養者が少なくなるどころか、52万人?と増え続けていることへの対処を、全くしていない政府は何を考えているのだろう? 食料も買い置きがなくて、でも外に買いに行けなくて、って言う人がたくさんいると言う。それに、前にも書いたけど、やっぱり脳溢血やコロナ以外の病気で救急車を呼んでも受け入れてくれる病院がほとんどないと言う。68件?86件か忘れたが救急で断られ、何十キロも離れた病院にやっとたどりついたという異常さは、法を決める政治で早々に解決してほしい。

だから、ただ感染者数が少なくなったと言ってもまったく収束には向かってないと思う。デルタ株のときの問題と、またちがって難しい問題が起こっている。

人材不足とベッド不足。

しつこいけど、河野太郎が総理だったらこんなことはすぐに対応するはず。でも総理は無理でもとくべつな任務で、そう、あの人気ドラマ「相棒」のような部署=特命係と言うのを設置し、そこのボスに河野太郎にしてこのさまざまな問題を対処できる特権を与えてほしい!! 厚生労働省のようなお役所仕事で人のことなど何もわかっていない思いやりもない役人たちに、この有事を決めさせないでほしい。