東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

不安と怒りで食事をするほど悪いことはありません。

東京都の週の感染者の減り具合のパーセントは、0.83%だったかな?

つまり8割づつ減ってる、ということだけど、おバカな頭で計算すれば週ごとに約1000人づつ減るという計算になる。ということは、きょうは15日で約8000人とすると1000人になる日は、7週間後!となります。

7週間後だとなんと5月の始めの週です(; _ ; ?!

5月にやっと1000人というアバウトですが、こんな数字です。

まぁ、気長に考えましょう。2年以上も待ったのだから。それにBA 2とかいう変異株が広がるかもしれないしビビらないで感染の防衛を続けましょう。

 

毎日、感染とウクライナのことが多く報道されていますが、食事をするときにはこれらの報道やニュースを見ないようにしましょう。

そんなの何も感じないから大丈夫!と、思っていても感覚は正直です。憤り、怒り、不安、そういう映像を観ただけでも免疫は一気に下がり食材の栄養などどっかに行ってしまいます。不安と怒りで食事をするほど悪いことはありません。

悪い現状は現状。食事は食事。分けて考えましょう。食事はあくまでもリラックスして楽しく食べるのが身体に良い。大事な食材と自分の身体に失礼になります。話題にしないからと言って現実の悲惨な状況を無視しているわけではないのです。不安や怒りを持つことはすぐに影響が出なくても身体に見えない影響を及ぼしています。今の自分を大事にしましょう。余裕のある人は支援してください。でも自分達の生活を壊してまで悩むことはありません。いつか応援できる時が来たら行動すれば良いのです。