東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

観葉植物をあえて置かないことであたりまえの生活感をださない工夫。

日曜ですが部屋の片付けで1日中動きっぱなし。やっと今、落ち着いたところです。

暖かくなったので一人用こたつを片付けたりと、衣替えじゃなくインテリア替えです。

一度は部屋にグリーンを置いて見たいと今までたくさんん試してはみたが、観葉植物に貝殻虫という悪い虫がついて捨てたり、どうも部屋がカッコつかない、、そんなことがあって植物はもう置かなくなった。

リビングなどにグリーンを置く、、、というのがもう、当たり前になっている今日、マンションなどはとくに人工的な建物だから置きたくなるのだろう。けれど、成功例っていうの?意外にゴチャゴチャなインテリアになってしまうことが多く難しい、グリーン。

f:id:bearpond:20220320212613j:plain

こんな風に色を2色に統一すれば観葉植物だけが目立つようなこともないし完成度が高いと思うけど、たいていの家は床が茶色のフローリングだったりとこんな風にはならない。実はフローリングの茶色のウッドの色と観葉植物の緑は、合わない。そしてこれが極めつけですが、テレビ! テレビが観葉植物とミスマッチです。

テレビの消した時の黒い画面、最近はでかいテレビが多いので、あの真っ黒の四角形がリビングを台無しにしています。その無機質感を補おうと観葉植物をおく、というのが一般的でしょう。でもこれが失敗の元。テレビと観葉植物は相対する逆効果です。

海外の雑誌ではどこの家の写真を見ても、テレビのあるリビングはほぼ無い。これはテレビは消えている時はじゃまなただのデカい長方形でしかないからです。

f:id:bearpond:20220320212748j:plain

f:id:bearpond:20220320212851j:plain

小さなグリーンをキッチンに置くのも良いね。でもこれも難しい。これはショップのインテリアだけど、色を統一しているので良い感じに見えるっけど実際はこんな風に統一感は出にくい。

f:id:bearpond:20220314214945j:plain

むかしむかし住んでたマンションだが、グリーンは置かなかった。置くとなんだかファッション雑誌の写真のように、いかにも置きました的な、しらじらしい感じになるのでやめた。

f:id:bearpond:20220320213327j:plain

同じくマンションの別の部屋の写真。植物を置きたくあるような空間、無意識に置いてしまいそうな、そんな予感がある部屋だが、あえて置かないことであたりまえの生活感をださない工夫。

f:id:bearpond:20220320213723j:plain

これはネットから拝借した他人の家。畳にいきなり鉢植えって・・・・すごい感性。これ落ち着かないけど、住んでる人は気持ちいいのだろうか・・

f:id:bearpond:20220320213836j:plain

f:id:bearpond:20220320213846j:plain

これらの家は、わりとありがちリビング。部屋の体積とグリーンの大きさがあってない。グリーンが苦しそう。それと、グリーンって部屋のコーナーに置くでしょ?これ、無意識に置いてると思う。なんで隅っこに置くの??理由は? 部屋の隅にグリーンを置くと部屋が狭く見えます。部屋は90度の角が視覚に見えたほうが広く見えます。観葉植物じゃなくても部屋の角にソファやチェストなどの物を置くのはやめよう。

ということで、当たり前に思っていたグリーンのあるインテリアをやめてみると、とてもスッキリします。