東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

気に入った掛け時計が1個もなかった

おはようございます お( ̄ー ̄ )ノ は( ̄ー ̄)ノ よっ(  ̄ー ̄)ノ

 

三月最後の月曜日です。

 

今、部屋には掛け時計が ひとつあります。

キッチンの壁に掛けてあったのですが 玄関の壁に、移動しました。

時計、好きじゃありません。

何だか時間に支配さてれてるようで

腕時計も好きではありません。

その一つだけある掛け時計を 外しました。

時計は あれば便利だなと思う。

壁に掛けていても気にならない掛け時計があるかもしれないと、

検索してみたが、1個も気に入ったものがなかった。

普段は1、2個は気に入ったものが見つかるのだか1個もなかった。

ということは、

時計はいらない 買わない方がいい ということだ。

不便さはどーにかなるから、1個だけあった掛け時計は捨てよう。