おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

イマジネーションのパワー。何も過去の資料に縛られてる便利人間になってることはない!!

いっときだけど、きょうは暑かったですね。

一瞬、冷房をつけた。30分ぐらい。

 

「怒り」を受け取らない・・・と、今朝は書いた。

後悔も悔みも、それは過去の出来事。

時間が経ってさらに膨らんだ幻想。

辛い過去は忘れて「今」を生きること。

良いことだけを大事におぼえておき、悪いことは、さっさと忘れるべし!

 うん、これは実践する価値は大有りです。

例えば、悪い友人・気に食わない人・しょうもない人をLINEから削除もしないで電話番号も消さずに一生懸命にとっておいてもしょうがないでしょう? だからネットからも頭の中の記憶からも削除すると、携帯と同様に頭の中にも削除した空間生まれて、頭の中がゆったりとした気持ちになると思う。

ラインの友達、二人を残して全部削除したら、なんだかすごくスッキリ。こういうのをこだわって残してたりすることが、過去にこだわる悪い癖。

ちょっと違うけど、パソコンのなかのデータも整理した。「もしかしたらこれまた使うかもしれない・・・」なんて思ったけど、人のことなんか気にしないで50個ぐらいあったフォルダを5個にした。そしたら、別にそれで十分に問題ないと思った。

もし「あの資料をお願い」とか言われたら、「あ、それもう削除しました」と、言えばいい。何も過去の資料に縛られてる便利人間になってることはない!!

仕事でどうしても削除できない場合は、自分のクローン(アバター)その相手に対応させれば(そういうイメージで)いくらでも演技してくれるから、頭にくることはなくなるね。

こう考えると、現実に起こってること以上に、すべてはイメージ、イマジネーションの力で問題が解決できるような気がする。あたりまえだが、神経や精神、気持ちなどは物体じゃないから、自分次第でいくらでも変えられる!