おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

人のために何もしていない自分

おはようございます ((*・∀・)ゞォ→ハ→♪

 

天気は良さそうな1日にありそうです。

最近は暖かくなった・・・といっても、陽が落ちると寒いです。

 

人間関係はストレスになる、と、ノミの神経の自分は言う。

身内との関係も、むずかしい。

なるべく穏やかに火種を増やさないように対応してても、ちょっとしたきっかけで仲が悪くなったり、関係がスムーズに行かなくなったり、

そう言う「しがらみ」を、なるべく持たないようにして64年間の自分がいたが、

普通に結婚してたり子供がいたり、義理の親や兄弟に気を遣ったり、親の介護したり、そんなことを経験して自分の感情を殺して生きてきた人、今も生きてる人はたくさんいると思う。

でも自分の不満を我慢するべきか? 人との関係が悪くなる原因で、口の聞き方、言葉の問題という、実はこれが一番やっかいなことだと思う。

自分を殺す

というのは、修行なのだろうか

徳を積むことになるのだろうか??

ある本に書いてあったが(前後は省略する)、

””子供を産み育ててこの人は徳を積んだのです””

と書いてあった。・・・うーん、子供を産んで育てるというのは親を見て思うに、すごく大変なことだと思うから、子供が間違えを犯すことなく立派に育ったなら、その親の徳が上がるのは間違いない、と思う。

徳を積むとは見えないところで人の役に立つこと、だと思うが、子供を育てることも徳を積むことになるとは、初めて知った。

そんなことを思い出したら、自分は何も徳を積んでいない!?と、驚く。こんなことでよかったのだろうかと。(もう遅いが)

自分が暮らしやすく気分良くなるためだけに買い物したり生活し、毎日の暮らしで、人のためなど考えたことない。外でも空き缶を拾ったりゴミを拾ったり、席をゆずったり手を貸したり・・・人のために何もしてない。人のために今日は何をしよう?などと思って朝起きたことなどない。見えないところで何もしていない・・・

なんだか思う、いまの生き方でいいのか・・・・?