おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

もし、未来が決まっているとしたら。。。

おはようございます(*・ェ・*)ノ~☆おはむー

 

やっと連休が終わりました! パチパチ。

これ以後7月18日まで祝日はありません、平常な日がしばらく続きます。

 

占いを受けたことありますか?

自分はないです。

遊びで受けてみたい気がします。何て言われるか、楽しみ。

インチキ占い師でもそう言う気持ちで受ければ、楽しい遊びとしていいかもしれない。

本物か偽物かは、どっちにしても分からないし。

でも、どこかから何かが降りてきてメッセージを使えるような占い師、つまり、、霊媒師の場合も、いたずら好きな霊が喋る場合があるので、当たらない悪いことも言う場合があるし、どこからどこまでが正しいことなのか?は、実際わからないと思う。

本当に未来のことが占える(見える)のなら、それは予言である。

本当に予言できる人がいた場合、未来は決まっている、ということになる。

太古の昔から未来までの膨大な一人ひとりの出来事が記録されているアカシックレコード。宇宙のどこかに存在すると言う。そこから引き出すようにメッセージが行われたのが有名なエドガー・ケイシーの催眠療法=リーディングである。

アカシック・レコードが存在するなら未来はすでに決まっていると言うことになる。

シャーリー・マクレーンがペルーで占い師に「次期ニューヨークの市長は誰?」と占ってもらってはっきりと「頭の禿げた指の長い誰も注目していない人物」と、出たのだ。

未来は決まっている。運命は変えられない。

なぜ、この先に起こることが決まっているのだろう?

もちろん、そんな馬鹿なことあり得ないし決まってるはずない、という人には「アホちゃう?」と言われるだろう。

もし、未来が決まっているとしたら。。。

映画監督のリュック・ベンソンがテーマにしている「時間」と言うものがある。映画「ルーシー」は面白くて何回も見た。主人公の普通の遊び人ルーシーがRPCとか言う麻薬を体内に入れてしまったせいで韓国マフィアに狙われる。しかしルーシーは普通20%も使っていない人間の脳を100%使う者となり、ついには哲学的な理論を会得してしまう。それは、

「時間」がすべてを握る鍵 であると。

「死」は 無い、とも。

過去、未来、これらはすべて時間が関係したものだ。しかし、時間軸という過去から未来へ流れていくものとしての概念がある時間をなくせば、どんな世界が見えるだろう。。。