おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

エスカレーター上がったら即、無印

おはようございます(*´∀`)ノGood morningヽ(´∀`*)

 

今年の夏は暑くなるのだろうか??と、思うような寒々しい5月です。

今日も雨模様だけど、傘がね、傘が嫌なんですよ、ね。

きのう、無印に行ったんです。さいきん、無印に行くことが多い。というのは、別に目的があって行ってるのじゃなくて、無印ってショッピングセンターのワンフロアー全てっていう場合が多いでしょ? だからエスカレーターを上がったらそのまま無印の店に入ることになるのです。だから、別に無印に行こうと思っていなくても、無印に行ってしまうことになるのです。(ややこしい)

そんなずるい無印の商戦にはまって、バッグインバッグにするつもりでサコッシュショルダーバッグを買ってしまった。収納がいっぱいある小さいショルダーです。これにエコバッグ、老眼鏡、単行本、鍵、そしてスマートフォンを入れるつもりです。財布以外は全部入ってしまいました。

ずるいよ無印。なんか買わされる。

それにしても無印に来る客ってオシャレレベル高い気がする。それも中高年女性のオシャレ度が、かなり高い。

若い女性はどっちかいうと「カマトト」系というかナチュラル系、自然派思考のファッションが多いけど、へたするとすべて木綿&麻の服でダボダボでしわくちゃなゴミ袋が歩いているような女に遭遇する。どうも無地というキーワードを誤解している。

という印象の無印であるが、レジの兄さん、ネェさんの対応がすべての教育が行き届いているのよくわかるブランドである。