東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

「待ち合わせ」「予定を立てる」というものがすごーく苦手なんです。

(たぶん)良い天気ですよね、今日・・・

で今一歩も外に出ず。面倒くさいんだよね〜靴をはくのが!

・・・って末期のグータラ人生です。

いっときは毎日散歩をしていたけど(また再開するけど)、

気分なんです、気分

何事も、全て気分しだいで64年も生きてきたので、実を言うと

「待ち合わせ」「予定を立てる」というものがすごーく苦手なんです。

”いつの何時にどこそこで会おうね!”・・なんて、前もって決められると、もうその日まで落ち着かないし、気になって気になって、当日になろうもんなら1時間は前に待ち合わせの場所に行くぐらいの神経の細さというか、嫌いなこと(待ち合わせること自体)は早く終わりにしたいと言うか(本当です)。。。

人生、全てのことに神経細いわけじゃない。けど「計画」とか「待ち合わせ」とかそういう約束事が非常にプレッシャーになるのです。

例えば手帳にスケジュールがびっしりの営業マンいるでしょ? あれ、すごい芸当だと思う。なんでであんな決め事を決められるるのか?

たぶん長生きでいないんじゃない、彼ら?

だからひとりが本当に楽。誰にも気を使うことないもの。

気分でいろんなことができるし。

買い物もゆっくりできるし、行きたくないと思ったらすぐに変更できるし。

こんな素晴らしいひとり、って、なんでみんな嫌がるんでしょうね?

なんで若きも老人も連んで観光に買い物に行くんでしょうーーー!?

でもこのひとりというのは孤独というものとは全然違うので、よろしく。