おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

恐怖は異次元からやってくる

暑いのか寒いのかわからない今日この頃。

夜、ATMに降ろしに行った。

夜の暗さと帰宅の人たち。

マクドナルドの店内の明るいカウンターに座る人の顔。

靴下を履いてサンダルを履いたので

脱げそうになるのを指に力を入れて歩く。

(きっと逃げられないな)と、意味不明なことを思う。

あっというまに暗くなった気がする。

夜は、今は苦手だ。

昔は得意だった。

同じよなことが起こっている。

30才前は飛行機が揺れても嵐に突っ込んでも怖くなかった。しかし、

ある日、突然に死ぬかもしれないと思って怖くなった。

ほんとに ある日突然。

恐怖は異次元からやってくると実感している。

頭で考えて その結果恐怖を感じるのではない。

きっとチャンネルの周波数が合ってしまったのだ。

合ってしまった周波数は余程のことがない限り変えられない。

恐怖は異次元にあるから きっと不安も怒りも嫉妬もねたみも

同じように異次元に存在する。

自分のなかで発生したものではない。

人生の経験から積み上がってきたものでもない。

異次元に周波数を合わせないようにするためには どうしたらいだろう。

ひとつ 想像で思うのは、朝日。太陽。

太陽の陽射しを浴びること、が、治療ではないかと思う。