おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

雨のステーション

おはようございます(*´ω`*)モキュ

 

雨の日曜日。

ほら! 線状降水帯は、東京を避けた。

徳川家康の結界のおかげか?

 

雨といえば 雨のステーション by 荒井由美

という年代です。

自分がもし八十まで生きたとしたら、

そしたら、この歌は完全にナツメロ。

自分ぐらいの年齢で、

若い時に流行った歌がほとんど話題にならないのが不思議だ。

よく話題になるのは四〜五十前後の人たちが聴いていた歌だ。

十〜二十代のころは、

ソウルトレイン

ナウエクスプロージョン

ベストヒットUSA

ラジオのFEN(ファーイーストネットワーク)

ほとんど洋楽しか聞かなかった。

プリプリ?も最近知った。(ほんと)

ピンクレディーもまったく観なかった。

キャンディーズは観なかったが好きだった。

そのほかのアイドルは全く知らない。興味がない。

いった何に興味があったの?

かなり かたよっている。

十八歳の高校卒業式の後、

仲間と「あの日にかえりたい」を歌って駅まで歩いた。

歌は荒井由美までで もう引き出しには入らない。