東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

今のオミクロンが風邪のようなウィルスになったとしても歴史的にも絶対に次の未知のウィルスが流行する。

コロナ感染者の全数把握を、東京都の小池知事はそのまま続けると言った。

いいね、小池さん。理由はどうであれ総数把握はただの総数という意味では無い。これからまた起こるであろう未知のウィルスや変異ウィルスの対策のため、ウィルスの性質を知るのには年齢、場所、疾患の有る無し、などなどを把握しておくことは重要な意味がある、と言うのをわからないといけない。ただ、現状の楽になるために総数把握を無くすのだったらやめた方がいいし、デジタルで簡易にできる方法を開発すること、そちらの方を急いでやるべきで、それは次回に起こるだろう新たな感染症のために必要だ。

海外の国は合理主義だから、感染が収まると手間のかかるものはすぐにやめてしまう。でも日本はそれを参考にする必要がどこにあるのだろうか?

第7波でウィルス感染は終わらない! 今のオミクロンが風邪のようなウィルスになったとしても歴史的にも絶対に次の未知のウィルスが流行する。流行しないと思う方が無理がある。耐性菌という抗生物質がまったく効かない菌がアメリカにはもう存在しているし、サル痘も、ある。これで感染というものが終わりじゃ無いと、はっきりとキッシーは言わないといけないのに、ぼ〜〜っとリモート画面で喋ってるだけという悲しさ。