東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

絶対に「中国製」じゃないこと

肌寒くなってきたら、上に何を羽織ろうか・・・と考えて、でもセーター系はがさばるのでしまうのも面倒だし素朴っぽい印象になるのであまり好きじゃない。和服っぽいデザインの羽織も、ちょっとやりすぎ感がある。

秋でも冬でもサッと着れるアウター・・・

それは

ライダース

女性はワンピースの上に着たりしてて、甘辛ミックスなんて言って、それなりに決まる、まさかロック系兄ちゃんじゃないのでオールブラックで着るなんて恥ずかしくできないが、

そういうのがあんちょこで、ライダースは避けていたのだが(パキスタン製のライダースを1枚もっている)、やっぱり皮革のショート丈のブルゾンと言ったら、ライダースしかないな、ということで、買うことを決定。

でも、こだわりがある。それは、絶対に「中国製」じゃないこと

中国製で探すのは簡単。ほとんどの服は中国製だから。

あと革が柔らかいこと。バッファローやホースは硬いので却下。ラムレザーは柔らかいけど痛みやすくてすごくメンテが大変だ。それでラムより大人のシープスキンで少し安価だが柔らかすぎないちょうどいいものがあった。今持ってるのはパキスタン製だからあまり愛着がない。こちらは Made in Italy だ。

Made in Italyで4万円弱は安いねー新品デッドストック。

本当のバイク乗りが着る用のライダースはすごく革が厚くて硬いので普段には向かないけど、これはオシャレライダースだから柔らかい。東京は厚手のダウンジャケットは必要ないから、重ね着でこれで真冬もいけるな。

サステナブルとか言ってるのでフェイクレザーが主流になってるけど、フェイクレザーものはほとんどが中国製で安っぽさ全開だから、自分の年齢では無理だな。