東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

デザイナーの技術の限界=テーマも作りの妙もない、ただ切って縫っただけの服に顧客はもう飽きたのだ。

アンコキーヌの服はどこか他のブランドの服と違う。それは何か?

それはデザイナーがものを作れる職人に近い、ということだろう。

でも考えてみれば、それは当たり前のこと。

ただアイデアだけ、デザイン画も描けない者が指示するだけの服なんてのは、お客に失礼じゃないだろうか?

自分も職人として長いこと勉強し仕事はアートディレクター&グラフィックをしてきた者としてわかる。

カットソーでシルエットを変えただけだったり、ただ縫製しただけで作ってるブランドとは違い、テーラードの技術をどこかに感じる、ということで人気があるのではないか?

つまり、顧客はもう気がついている。安くて季節ごとに気軽に買えて後悔しても諦めがつく、そんな服ばっかり買っていたことを後悔し始めてる。

やっと、服に魅力を求め始めたのだ!

プチプラのような服に、ただ長さを変えたりアンシンメトリーにしたりという小細工だけで新作を出すようなブランドに魅力や愛着を感じなくなったのだ。何を買ってもただちょっと違うだけの服に気がついた。

テーマも作りの妙もない、ただ切って縫っただけの服に顧客はもう飽きたのだ。

QVCのファッションブランドを観ていて、女の服にはいろいろあるが、たとえばカットソーは縫うところが直線だったりと複雑ではなく簡単であるしニットもほとんど指示は簡単だ。でも、テイラーメイドになると、女子の服は”なんちゃってテーラード”であることがほとんどで本格的な作り方は価格的にもできない。安く作るのが前提だからだ

なぜって、紳士服のテーラードは男の制服であるため、もともとファッションというジャンルではない。歴史的に技術が必要でそれはそれは最高に難しい服のベスト1であるし、縫製技術もパターンも超難しい。男向けののテーラードはそれこそ職人技が必要である。

女のブランドを見ていて気がついたのは、ほとんどが中国やラオスなどで大勢の職人が縫製の技術をだんだんと磨いているが、しかし、テーラードになると専門の技術職人がいる工場でつくることになり、価格も高い。

アンコキーヌの良いところは、女の服にある「切って縫っただけ」の服以外にテーラードの技術のある服アイテムがたくさんあることである。

それはデザイナーがものを実際に作れる職人に近い、ということ、これが他のブランドと大きな違いだ。

たとばKawaiOkada の服は切って縫っただけの服がほとんどである。パターンもただアンシンメトリーにしたりと技術は稚拙だ。これはデザイナーが職人じゃない(知識がない)、職人のように作れない、ということだ。新たな商品の限界を感じる。


おなじくQVC のエスパス・デ・カルマ などの服もオートクチュール出身のデザイナーでパターンも引けるデザイナーだが、デザインの思考が服に部品がくっついてたりプリントが複雑だったりと小細工ばかりが目立つ服である。本物のクラシックなスーツが作れないという点では、切って縫っただけの服である。

これらの職人技のない女性の服は、もう新しいデザインは限界で、思いついたような服しか出てきていない。それは女性の服が切って縫っただけで作ってしまうデザイナーの技術の限界であると言える。