東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

女がマッチョな男がキモいっていうのと同じで男も少女趣味の女はキモい。

なぜ女は ポッケ と言いたがるのだろうか?

QVCファッション番組を見ていると、ポッケというゲストが多々いる。

もちろん、ポッケとはポケットのことである。が、これは幼稚園児が使う言葉である。

いや、正確には大人が幼稚園児に向かって言う言葉である。

子供はポッケだろうがポケットだろうが、その違いもわからないのが幼児である。

その子供に向かって言う幼児言葉のポッケを、なぜ、使うのか??

(大人が、それもファッション業界の大人が使うととても不快である。)

QVCのブランドで言ったらこ、の方達がポッケと言う。

麻布プロバドールの澤崎氏が仕切るブランド「ピクシー・ハート」のブランドプロデューサーと銘打っている謎の人物、

ミミさん

この人、謎である。海外生活が長いと言うことである。

このピクシー・ハートのコンセプトはフレンチシック。レース、ビジューなどを使用した大人カワイイ服

いつもミミさんの服の説明が、まるで説明になっていないところが逆に面白い。

たとえば、

「カワイイ、カワイイ、って言うのじゃなくって、大人カワイイ、なんですぅ」

と。あまりのボキャブラリーのなさに笑える。

 

そして日本人初ジバンシーに入社した経歴のあるデザイナー吉田ヒロミ。結構なキャリアと年齢だが、あまり市場で見かけないのはなぜだろうか。オートクチュールのデザイナーであるから、一般対象ではないのかもしれない。デザイナーの彼女は見た目はかなりマニッシュで単発アニキ、っていう雰囲気である。優しい柔らかい雰囲気はまったく無くハードで仕事出来ます感が半端ない厳しい感じの服や見た目である。その彼女が、

ポッケ

と、言う。___なぜ?

 

もうひとり、ブランド、エスパス・デ・カルマのデザイナー(画像左)。この方は語尾を必ず伸ばす。それも半端ない。伸ばす音程が低いのではなく高いのでさらに神経を逆撫でする。この方はポッケ、と言っかは定かではないが、彼女のルームウェアーのデザインの服飾雑貨を見てはたと気がついた。髪に付けるクリップのデザインが蝶々のようなファンシーなリボンデザインだったのだ。シンプルなウェアーとのミスマッチ感には驚いた。つまり、部屋着の雑貨ということでご自身の趣味がハッキリでたのでしょう。

そうなんです。実はみなさん、乙女少女趣味だったのです。

ファッションはかっこいい!というカテゴリー以外にもいろいろあるのを忘れていました。でも大人の女たちは意外に少女趣味の服が好きということがわかった。

でも、男は_____ほぼ拒絶します。 怖いです。少女趣味の女。

有名だが、森尾由美の私服はあのピンクハウスですよ!

年とってもこういう服が好きなんですネ。自分をいつまでも可愛く見せたいのでしょうか?そうすると、喋り方もこの服にあった喋り方になるのは当然。語尾が伸びてぇ〜ポケットがポッケになってぇ〜・・・

女がマッチョな男がキモいっていうのと同じで男も少女趣味の女はキモい。