東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

1日3個の純国産種のたまご

だいぶ風が冷たくなってきました。ここで油断禁物!

Tシャツ1枚に革ジャンで出かけたら寒かった!

陽が落ちるといっそう寒くなりました。明日はもっと寒いそうです。もう11月なんだからアタリマエってことで。

今日は、レタスを1個、、じゃなくて2個買いました。レタスって外側の固い緑の葉っぱの部分の3枚ぐらいを実は捨てちゃってる(もったいなけど)。炒めたりすれば食えるんだけど、生で食べるには細かく刻むしかないんだけど・・・・つい面倒で捨ててしまう・・

 

最近、たまごをよく食べるようにしています。

なぜなら、食事のメニューに動物性タンパク質が足りないからです。
肉は鶏肉のみにしているけれど、それもガッツリ食うことはなく、サラダに少し入ってる惣菜だけという感じ。豚肉、牛肉はほとんど食べない。なので動物性タンパク質不足になります。

動物性タンパク質は筋肉の元になる素材。筋肉がなくなると新陳代謝が落ち免疫力と体力が落ちます。なのでたまごをたべるようにしています。

むかしの伝説が間違えだったということで、卵は1日1個まで・・・というのは嘘で何個食べても別に異常はないそうです。なので3個食べるようにしています。

たまごはコンビニにも売ってるけれど、この画像の純国産鶏種の卵は肥料や育て方も気をつかってるもので、このたまごを炒り卵にして食べてるんだけど、コンビニとかスーパーに売ってる安いたまごと全然味が違う!グルメじゃない自分でも、違いがわかる。

炒りたまごにした時にコンビニ&スーパーのたまごはふわふわにならないで色も黄色みが強く細胞が全部くっついてしまってる感じで食感も雑な感じである。でも純国産鶏の高い方のたまごはフワッと仕上がって、味もさっぱりしていて色はレモンイエローで本当に美味しい。

と、きょうはグルメリポートでした。