東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

服を増やさない方法

今日は部屋の整理。

断捨離じゃなくて、掃除&整理日。

段ボール箱をたたんでまとめたり、コンセントを見えなくしたり、家具を移動したりと、思ったより疲れた。

みなさんは冬物の服はどう収納していますか?

断捨離のおかげで、冬物のジャケットやコート、またはニットは数枚以下、、なので、たたんでしまわないで、ハンガーにかけて、それも丸見えの場所に、突っ張り棒で吊るしている。

服が見えるのはうっとうしい、服はクローゼットに入れるもの、と思う概念を、発想を変えて、見えても嫌じゃない色、素材、デザインの服だけを(買って)吊るす、または残すことにしたのです。

着るのも重要だけど、吊るしている時にも嫌じゃないもの、、そんな服だけを残した。

服がインテリアの一部になるように。

そうするとすごく良いことがある。それは、変なものを買わなくなるのだ。

(いいじゃない?!)と思って衝動買いする前に、

(この服をしまって吊るした時にぶっ飛んでないか??調和が崩れないか?)

という視点で考えるようになる。

これが服を増やさない方法。