東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

不安の材料を少しでも減らしたい

11月も後半ですね。

あと1ヶ月ちょっとで、なんと来年ですよーーー(´~`)

ちょっとピンとこない。。

ひとつには、2022もあまり良いことがなかったということだろう。コロナもずるずると長引いてることもあり、何と言ってもウクライナ侵略が大きい。その影響たるや、世界中のバランスが崩れている。

でも、永遠にバランスが崩れることって、無い。やじろベェだっていつかは揺れが治まって止まる・・・いつか?が、わからないから不安になるだけである。

今日、本屋の前を通ったら、題名は忘れたが、「不安にならないようにするには?」とか、「気にしないことがいいことだ」とか、そんな内容の本ばっかり特集で集められていた。注目される本を置くわけだから、不安な人が多い時代なんだなと、思った。

ただ、今流行ってるコロナ感染のことはニュースや情報で勉強した方が身の安全のためにいいことだと思うけど、ウクライナには申し訳ないが、侵略戦争のことはあまりアンテナを立てて能動的に見聞きしない方がいいと思う。10のうちの1ぐらいにとどめる方がいい。どうしたって不安になる材料しかないからだ。そして北朝鮮のロケットのニュース。これをワイドショーや特番で報道するテレビ局は間違っている。報道されて世に知らしめることが北朝鮮の目的なのだから、ニュースで時間をとって取り上げることは北朝鮮の思う壺である。ミサイスが飛んでくる地域が予測できたらその地区の行政がそこだけに警報を出せばいいわけで、なにも全国放送でニュースにしたりアラートを発したり、危険をあおることは意味がなく不安を助長してよくない。

と、毎日そう思っているのだが、不安の材料を少しでも減らしたいと考えている。